確定申告情報

平成30年分所得税等の確定申告に関係する情報一覧

まとめ記事

 

平成30年分所得税及び復興特別所得税の確定申告期間は平成31年2月18日から3月15日までです。

本サイトで作成した確定申告記事一覧をまとめましたのでご紹介いたします。

 

1:2019年2月18日に確定申告で税務署に行くのは非常に危険な行動

TAX
2019年2月18日に確定申告で税務署に行くのは非常に危険な行動 いよいよ確定申告シーズンの到来です! 通常確定申告は2月16日から3月15日までの期間ですが、平成31年に関しては2月16...

 

既に平成31年2月18日を過ぎています(;^ω^)

ですが、初日が混雑する理由は税務署に行く人が多いからだけではありません。

本記事には下記の内容が含まれています。

  •  確定申告相談対応の職員が少ない
  •  所得税担当の職員は半数のみ
  •  キリがいい日は常に混雑する

 

2:確定申告期間で空いてる日にちと時間帯を教えます【混雑回避!】

TAX
確定申告期間で空いてる日にちと時間帯を教えます【混雑回避!】 確定申告期間中に税務署に来署される方にとっては周知の事実ですが、確定申告期の税務署はめちゃくちゃ混雑します。 ...

 

確定申告期間の相談会場は混雑します。

それでも比較的空いている時間帯が存在するのも事実です。

ただ、税務署が混雑状況を一切広報しないので実情を知るのは術は中々ありません。

ですのでこちらの記事で空いている日時と時間帯をご紹介しております。

  •  2月の木曜日が狙い目
  •  混雑のキーパーソンは高齢者
  •  なんだかんだe-Taxは待たないので便利

 

3:【裏ワザ!】所得税の確定申告を混雑しないで手続きする方法

rush hour time
【裏ワザ!】所得税の確定申告を混雑しないで手続きする方法 確定申告時期の税務署は大変混雑します。 最盛期になると、申告相談の受付をするまでに1~2時間待つこともありますし、...

 

確定申告関係の情報で勘違いされやすいのが、確定申告相談と申告書提出について。

申告書の提出は管轄の税務署(基本的には自宅を管轄する税務署)に提出しなければいけませんが、確定申告相談は全国どこでも対応しております。

ですので、自宅周辺の税務署は混雑しているけど職場近くの税務署は空いているなんてケースはあり得る話です。

※確定申告以外の相談に関しては予約相談となりますのでご注意ください。

  •  確定申告相談は全国どこでも大丈夫
  •  結局自宅で申告書を作成するのが楽
  •  IDPW方式には罠がある
  •  自主納税システムには注意



4:税務署への確定申告相談については最初に電話相談をすること

コールセンターでの対応
税務署への確定申告相談については最初に電話相談をすること 確定申告期間の税務署は本当に混雑します。 なので、税務署職員に相談しようと思い税務署に行っても、直ぐに相談できるわけではあ...

 

確定申告相談会場で1時間以上並んだのに、書類を持参してなくて申告書が作成できなかった。

確定申告あるあるです。

1時間並んでようやく自分の出番なのに申告書を作成できない。

まさに最悪。

それを回避するために、来署前に1度電話相談で必要書類を確認しましょう。

ただし、いくつか注意点があるのでそこだけは要チェックです!

  •  確定申告期間の電話は常に混雑
  •  朝一と夕方が狙い目
  •  対応が悪い職員には部署と名前の確認を

 

5:確定申告でマイナンバーの記載をしなくても罰則はない(個人所得税)

マイナンバー
確定申告でマイナンバーの記載をしなくても罰則はない(個人所得税) 先日国税庁がマイナンバーなどのデータ入力業務の委託した企業が他の企業へ再委託をして問題になりました。 国税庁、委託先が...

個人情報流出が度々世間で話題となりますが、行政機関ではマイナンバーが気になる人も多いはずです。

個人番号(マイナンバー)は確定申告書に記載しなければいけません。これは義務です。

しかし、記載しなくても現時点では罰則はありません。

が、罰則が無いのはマイナンバーを記載しなくても国側にそこまでのデメリットが無いのが実態なのです。

  •  マイナンバーを所得税の申告書に記載しなくても罰則はない
  •  罰則が無いのは行政が確認する術を持っているから
  •  頑なに固持するしてしまうと税務署の心証が悪くなる

 

6:還付申告は確定申告期間を過ぎて手続きしても問題はない

確定申告を計算する人
還付申告は確定申告期間を過ぎて手続きしても問題はない 給料や年金の収入に対しての税金は所得税として徴収...

 

確定申告で還付申告の手続きをする人は多いかと思います。

しかし、還付申告の場合には実は申告期限を経過しても問題ないケースがほとんどです。

むしろ確定申告以外に税務署に行って申告した方が時間的にも精神的にも楽です。

ただし、特定適用の場合は申告期限内に申告書提出しないと特例適用不可になる場合もあるので、特例適用する場合には期限に気をつけましょう。

  •  還付申告は期限後でも還付してもらえる
  •  特例適用は期限な申告が必須な場合があるので注意
  •  還付申告の権利は5年間
  •  期限後申告にもリスクはある

 

7:所得税などの税務署が扱う税金は自分で払わらないとペナルティが発生する

TAX
所得税などの税務署が扱う税金は自分で払わらないとペナルティが発生する 税務署職員時代、確定申告の手続きで揉めごとになったのが、税金の納付についてです。 住民税や国民健康保険料などは納付書が送付...

確定申告で所得税を納税額が確定する人がいます。

ですが、申告しただけでは確定申告は終わりません。

所得税は自主申告・自主納税が原則

税務署は納税期限が過ぎるまで連絡することはありません。

ですので納税方法についてまとめましたので、ご覧ください。

  •  所得税は自主申告自主納税
  •  税務署で申告する場合には窓口で納税可能
  •  自宅からe-Tax申告の場合にはQRコード納付が便利
  •  毎年納付する人は振替納税手続きを

 

掲載しました以外にも確定申告関係の情報はサイト内にあります。

カテゴリー『税知識』又はこちらからご覧ください!

 

ご参考になれば幸いです!