ライター

公務員を辞めた後の仕事としてライターがオススメできる理由

公務員を辞めても、仕事はあります。

公務員は手に職が無いイメージが定着していますが、誤解です。

公務員から転職するのに提案できる職業としては、WEBライターがあります。

WEBライター業界は、現在最盛期を迎えています。

人気が加熱すれば、参入者も増加しますが、今はまだライター数は少ないです。

転職を考えているなら、ライター業も選択肢にしてください。

1:公務員は日々文章を書いて分すでに文章力が身についている

鉛筆

公務員は日々文章を書いているので、すでに文章力が身に付いています。

世の中には、意外と文章を書かない職種は多いです。

その中で公務員は、事務処理のために毎日文章を書いています。

しかも、公務員の作成する文章は体裁が整っています。

文体を崩すのは簡単ですが、文体を整えるのは意外と難しいです。

わざわざ身に付けなくても、自然と身に付いているのが文章スキル。

意外と知られていない、公務員の特徴です。

2:公務員の情報が口外されないのでライターしての価値がある

公務員の情報が口外を表に出せるのは、かなりの強みです。

一度は自分の職場がどのように見られれているか、エゴサをした経験はあると思います。

ただ、エゴサしてわかるは、世間のイメージと実際のイメージにギャップがあること。

公務員全体で考えれば、公務員の仕事は楽だと思われています。

しかし、現実の公務員には月100時間残業もしますので、決して楽とは言えない職場環境です。

参考:国税局・税務署は100時間残業をする部署もあるので注意が必要

ライターの場合、世間と現実のギャップが大きい情報ほど価値があります。

なぜなら、記事を読む人は自分が知らない情報を欲しているからです。

ありきたりな情報を書いても誰も読みません。ただ、元公務員が書いた内部情報であれば興味を持って読んでくれます。

記事作成を依頼するクライアントは、記事を読んでもらえるライターほど重宝します。

公務員の守秘義務は厳守する必要はありますが、公務員だから伝えられる言葉があるのです。

3:公務員として働いて得た知識は全て使える

公務員として働いて得た知識は、全て使うことができます。

私は、元税務署職員でしたが、税務署で得た知識はすべて活用しています。

税務署職員時代の経験
  • 税金知識
  • 確定申告
  • 税務調査
  • 公務員の待遇面
  • 公務員の未来

公務員の中にいると気づかないですが、公務員として当たり前に思っている情報も一般の人は知らない場合が多いです。

税務署職員であれば、確定申告期間で空いている時間帯を知っています。

しかし、部外者は毎年1,2回しか税務署に来ませんので、本当に空いている時間帯を知るすべがないのです。

参考:【裏ワザ!】所得税の確定申告を混雑しないで手続きする方法

公務員の仕事で取り扱っている、業務内容を書き出してみてください。

書き出した情報は、全て利用可能な知識です。



クラウドソーシング「ランサーズ」

4:ライター業をはじめるならクラウドソーシングに登録すべし

ライター業をはじめるなら、クラウドソーシングサービスに登録しましょう。

クラウドソーシングとは、仕事のマッチングサービスです。

記事を作成してほしいクライアントと、記事を書くライターを仲介してくれるので、簡単にライターとして仕事を始めることが可能です。

クラウドサービスに仲介手数料が差し引かれるのはマイナスです。

しかし、ライター報酬の保証やクライアントとのマッチングについては、直接取引にはない魅力です。

ライターを始めるなら、最初に登録すべきサービスは2種類のサイトです。

おすすめクラウドサービス
  • クラウドワークス
  • ランサーズ

 ① 仕事のマッチング件数で考えるならクラウドワークス

仕事のマッチング件数で考えるなら、クラウドワークスです。

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスは上場企業であり、ライターのクラウドソーシングサービスでは最も大きい企業です。

ライターの記事作成依頼だけでも、1日数十件新規登録があります。

ライター業を始めるなら、とりあえずクラウドワークスに登録すれば間違いありません。

登録無料!クラウドワークス

 ② ライターの立場で使いやすいサイトはランサーズ!

ライターの立場で使いやすいサイトは、ランサーズです。

ランサーズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

ランサーズは、とにかく仕事が探しやすいです。

ライターとして仕事をする場合、自分の得意分野の依頼を探します。

ただ、検索機能が不自由だと、検索するだけで時間が消費されてしまいます。

また、ライターにとって大切なのは、報酬代金。

WEBライターの場合には、1文字単価で契約することが多いです。

1文字1円なら、1000文字の記事作成で1,000円。

1文字5円なら、同じ1000文字の記事でも5倍の5,000円となります。

文字単価0.1円の仕事をしても生活できません。

文字単価のフィルター検索があるランサーズは、ライターにとって便利なクラウドソーシングサービスです。

無料登録!ライターを始めるならランサーズ!

 ③ ライター業を始める場合2つのサイトのみ登録すれば十分

ライター業を始める場合、クラウドワークスランサーズだけに登録すれば十分です。

理由は、3つあります。

登録サイトは2つのみでいい理由
  1. 多くのクラウドサービスはチェックできない
  2. 1つのサイトで稼いだほうがライターとしての価値があがる
  3. 1日に執筆できる量は決まっている

ライターを始める際に、大事になるのは時間管理です。

最初から、1日8時間記事を書くことはできません。

たくさんのクラウドソーシングに登録しても、作業できる件数が少ないなら意味がありません。

また、ランサーズやクラウドワークスは、書いた記事数や報酬金額によってライターのランクが上がります。

記事作成を依頼する側のクライアントとしては、できるだけ価値の高いライターに記事を書いてほしいです。

そのため、ライターランクの高いライターに好条件が集中します。

ランクアップするには、できるだけ1つのサイトから受注した方が効率がいいです。

ランサーズとクラウドワークスには好みがあります。

最初は2つ同時に登録し、利用してく中で使いやすいサイトに絞るべきです。

5:仕事した分の対価が得られるのは公務員では味わえない

仕事した分の対価が得られるのは、公務員では味わえません。

ライター業の魅力は、自分が作業した分だけ報酬がもらえること

公務員で一番苦悩する点は、仕事量と給料が噛み合わいことですよね。

どんなに一生懸命働いても、不真面目10年上の先輩より給料は低いです。

しかし、ライターなら1年目でライター10年目の人を追い越すことも可能です。

ライターは楽な仕事ではありませんが、公務員とは違った価値観で仕事ができます。

ライターを始めるか迷っている人は、クラウドソーシング「ランサーズ」の登録だけしてみてください。

登録が完了していれば、始めたいと思った瞬間にライターになれますので。

ライター組合
初心者ライターほど得をする!ライター組合は費用対効果が高いサロンライター組合は、初心者ライターこそ加入すべきサロンです。 ライター組合は、2019年5月(令和元年5月)に始動した、まだ新しいライ...

ご参考になれば幸いです!