公務員という職業

公務員を辞めたいと思う人が考えつく悩みは5種類に分類される

リスト

 

税務署を退職して、はや数か月過ぎました。

ブログを書いていると、元公務員の方が発信している情報を目にします。

また、幸いなことに、本ブログを通じて現職の公務員の方から質問をしていただくことがあります。

私以外の公務員経験者の声を聞くと、決して自分だけが特別な悩みを持っていたわけではないと実感しました。

公務員として働く(働いていた)人の悩みを大きく分類すると、5種類に分けることができます。

公務員を辞める場合に悩むの5つのジャンル
  1. やりがいを感じない
  2. 自由に仕事をしたい
  3. 閉鎖的な環境から抜け出したい
  4. 自分の経験を周囲に伝えたい
  5. 元公務員の価値を利用したい

 

公務員が、職業として特別なわけではありません。

すべての公務員の仕事が、大変ではありません。

しかし、公務員として働いたことが無いと理解できない悩みがあります。

公務員の職場は閉鎖的なので、どうしても悩みを打ち明ける環境がありません。

同僚に仕事を辞めることを相談するのもできません。

なぜなら、今の職場から離れるなら、自分とは関係なくなる人になるからです。

 

「公務員を辞めたい」と感じる理由について書き出しました。

思い当たる部分があっても、辞めるべきだとは思いません。

しかし、自分が仕事としての公務員をどう感じているかは認識すべきです。

当てはまらない方がいいのですが、思い当たる部分はあるはずです。

自己確認も含めて、続きをご覧ください。

 

お品書き

1:公務員の仕事はやりがいが無いと感じてしまう

 ⑴ 公務員の仕事は単純作業が多いので向上心が芽生えない

公務員の仕事を否定する気はありません。

ですが、事実として、公務員の仕事の多くは利益を生まない仕事です。

民間企業であれば、100万円の売り上げのために90万円の労力を使います。

しかし、公務員の場合には10万円のために、100万円の労力を使って仕事をします。

民間企業ではありえないことです。

(あるかもしれませんが、続けば会社が倒産します)

確かに、公務員の仕事自体、民間企業では行えない作業を仕事とします。なので、費用対効果が無いからといって、無駄ではありません。

ただ、実際の公務員の現場では大半が無駄な作業を仕事としています。

成果を生まない仕事は、どんなに頑張ってもなにも結果が出ません。

「お金がもらえればいいじゃないか」と思える人は公務員が適職です。

ですが、無駄な部分に不満を感じてしまうと、公務員として働くのは大変です。

なぜなら、無駄を削減しても、公務員自身に(給料が上がるなどの)得がありませんので。

 ⑵ 意味のない仕事をやることに意味を考えると無力感が生まれる

どんな物や行動も、価値を見出せればプラスになります。

辛い作業も、自分にプラスとなると、わかるからこそ頑張れます。

しかし、公務員の仕事の中にはどう考えても無意味な仕事が多々あるのが現実です。

 

私は元税務署職員です。

税務署では、広報のために大量のパンフレットを配布します。

実は、パンフレットの7割は使用せずに廃棄するもので、中には税務署に配られてから1週間で使用禁止になるパンフレットも存在します。

(誤字脱字の関係で)

office
税務署の無駄な仕事(用紙・パンフレット編) 「税金の無駄遣い~( ˘•ω•˘ )」 この言葉自体は好きではないのですが、公務員時代それを痛感することはいくつも...

そもそも、税務署に来署される人に、パンフレットを配っても意味がありません。

パンフレットの内容は職員が説明すればいいですし、パンフレットなら、その場で印刷して渡せばいいだけです。

それでも、昔からの慣習との理由だけで、毎年大量のパンフレットを印刷します。

カラー印刷で毎週何万部の廃棄があったら、どれだけ無駄になるでしょうか。

それを公務員組織は考えていません。

しかし、職員として一番嫌なだったのが、無駄なパンフレットを設置・廃棄するために労力を割かなければいけないことでした。

公務員は、時給換算すれば、アルバイトの倍の給料をもらっています。

なのに、アルバイトがするのも無駄な作業を職員が毎日のように行っています。

そこに無力感を覚えると、毎日無力感と戦わなければいけないので、公務員が辛くなってしまいます。

 ⑶ 民間以上に仕事ができる人と出世できる人は関係がない

ノンキャリア採用は、国税組織を動かす立場になることは最初から不可能です。

それでも、ノンキャリア組でもある程度の地位まで昇進することができます。

税務署で考えれば、税務署長の半数は高卒(税務職員)採用です。

なので、努力すれば出世することはできます。

しかし、出世を目指すのであれば仕事よりも上司との人間関係を最優先に考えるべきです。

公務員の出世は人との繋がりです。客観的な評価は必要ありません。

表面上は関係無いと言われますが、特定の人の推薦により出世するケースは存在しますので。

 

どんな職員でも、無難に仕事をこなせば、最低限の出世できるのは公務員の魅力です。

しかし、仕事を頑張ったからといって、出世できないのも公務員の特徴の一つです。

 

2:公務員のしがらみから抜けて自由に生きたいと思う

 ⑴ 時代に逆行して公務員は副業が禁止されている

公務員は副業禁止です。

アルバイトもダメですし、ブログに関しては、広告を掲載しただけでアウトになる可能性があります。

バレないで副業していたと思っていも、どこから情報が漏れるかはわかりません。

同僚だからといって信用しているととんでもないことに・・・

tax
公務員の副業がバレるパターンは内部・外部からのタレコミ情報 公務員は、基本的に副業禁止です。 不動産賃貸や株式、投資信託などの例外はありますが、休日にアルバイトをしているのを見つかる...

 

公務員が副業禁止されているのは、法律上、職務専念義務が規定されているからです。

国家公務員法
(職務に専念する義務)
第百一条 職員は、法律又は命令の定める場合を除いては、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、政府がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。職員は、法律又は命令の定める場合を除いては、官職を兼ねてはならない。職員は、官職を兼ねる場合においても、それに対して給与を受けてはならない。

 

法律で規定はされています。しかし、なぜ公務以外の時間の自由な時間に仕事をしていけないと思いませんか。

遊ぶにしても、仕事以上にパワフルに活動する人はいますし、副業が本業に影響が出るとは限りません。

ですが、その議論すらされないのが公務員です。

一部の地方自治体が副業解禁の動きもあるみたいですが、公務員全体として副業解禁となることはないでしょう。

なぜなら、副業解禁すると公務員の給料が下がる可能性があるからです。

公務員の給料で満足している人が副業解禁しても得しませんよね。

それだったら、副業禁止のままで、その対価として公務員の給料を維持した方が楽です。

そんな方々が、公務員には多く在籍します。

 ⑵ 公務員が感じる社会の目は公務員にしかわからない圧迫感がある

公務員は税金で給料をもらっています。なので、世間の目にさらされるのはある意味当然のこと。

しかし、時に必要以上に批判されることも多々あります。

残念ながら、マスコミにとって、公務員は叩くメリットしか存在しない組織です。

民間企業であればスポンサーになる場合もあるので控えるケースもありますが、公務員がスポンサーになることはありませんので、マスコミは叩き放題です。

当然、まったく関係ない地方公務員の不祥事であっても、全国の公務員が悪行を働いているかのような報道をします。

もちろん、そんな報道をイチイチ気にしては、公務員して働くことはできません。

ただ、そんな仕事のスタイルに疲れてくるのも、また公務員です。

ふとした時に「自分は何のために仕事をしてるんだろう」との疑問が湧きます。

その答えが出ない時、批判的な視線は、とても心に刺さります。

 ⑶ 公務員の生活スタイルと収入は限度があるため生活に制限がある

公務員の給料は低くありません。

地域の平均賃金を参考にしているため、低所得者になることはないです。

比較する女性
国家公務員は給料が高く地方公務員は勤務地の限定が特徴【徹底比較】国家公務員と地方公務員。 同じ公務員ですが、実際は給料も待遇も職場環境も違います。 色んなイメージが...

しかし、公務員で働いている間は、大きな贅沢はできません。

世界一周旅行をするとか、タワーマンションの40階に住むではありません。

  • 1か月旅行に行く
  • 数年に1度住む場所を変える
  • 平日に出掛ける

このような生活は公務員として、働いている以上できません。

今の生活に満足していれば、公務員して働いてOKです。

ただ、今の生活に制限をしているなら考える必要もあります。

 

3:閉鎖的な公務員の人間関係から逃れたい

 ⑴ 閉鎖的な職場は一生同じ人と付き合っていく必要がある

国家公務員の場合は転勤が多いですが、それでも人間関係は同じ人々です。

5年も働けば、以前同じ場所で働いていた先輩・上司と一緒に働くことも普通です。

もちろん、良い人と一緒に働けるのはいい面もあります。一方で、逆に悪い人とも一緒に働く可能性があることを意味します。

人間関係も割り切りも大事ですが、組織の都合で人事異動されられるのは精神衛生上よくありません。

私の場合、人間関係も公務員を辞めた原因の一つです。

 ⑵ 公務員の独自ルールは未来永劫残ってしまうルール

公務員は、独自ルールが本当に多いです。

飲み会のルール然り、決裁方法や指示の仰ぎ方もマニュアルが存在します。

ハッキリ言えば、無駄。何も意味がありません。

しかし、何も意味が無い部分に意味を持たせようとするのが公務員。

(だからといって意味を持つようにはなりません)

合理的に考えればこちら側の主張が正しいことは沢山あります。ですが、批判されるのはこちら側です。

公務員として、正しいのは、前年踏襲上司の尊重です。

どちらかが無くならない限り、独自ルールが無くなることはありません。

 ⑶ 公務員は民間企業との交流が無いので知り合いが少ない

公務員で注意しないといけないのが、利害関係者との接触です。

公務員は『国民の疑念を招く行為』をしてはいけません。

簡単な話、怪しい行動をした時点で処罰の対象となる可能性があります。

 

例えば、地方公務員が、職場管轄の民間企業から接待を受けることは禁止されています。

一方で、学生時代などから私的な交流があった人と飲み会をしても問題はありません。

となると、社会人となってからの付き合いはどうしても難しくなります。

交流があっても公務員の身分を隠しながらにします。

私も公務員ではなく、職業事務員と言っていましたので。

そうなると、そこまでして交流を持とうとはしなくなりますので、結果的に自分の行動範囲を狭めることになります。

 

4:公務員として自分が経験したことを伝えたいと思う

 ⑴ 自分の経験を活かした仕事がしたい渇望感に襲われる

公務員の仕事がつまらないと感じると、自分の力を試したと思い始めます。

「自分に能力がある」などの考えではありません。今ある自分の力を確かめたい気持ちになるのです。

現実で考えれば、公務員の能力が社会で通用するかは難しいです。

少なくても公務員と同じ考えでは失敗する可能性が高いです。

それでも、公務員で働いている以上渇望感を埋めることが難しい事が多いです。

その不安を消すには、別の選択肢も必要となります。

 ⑵ 公務員は教える仕事なので教える仕事が好きになっている

公務員の方から相談をお受けして、気が付いた点がありました。

公務員として働くと、人に教えることに関して興味を持つようになることです。

私は今現在はブログを書いていますが、それ以外の選択肢として、塾の先生などにも興味がありました。

(高卒なので無理でしたが)

一人で考えていた時は、自分だけが考える特異な考えだと思いました。

しかし、話を聞いていくと意外と人に教えることに興味・関心を持つ人が多かったのです。

 ⑶ 公務員は人に褒められないので喜ばれる仕事がしたい

公務員の仕事は、直接喜ばれる仕事はありません。

税務署の調査を受けて喜ぶ人いませんし、確定申告期間中であればTwitterでは税務署の批判ばかりが飛び交います。

事実、批判的な意見が正しいケースもありますし、それを真摯(しんし)に受け止める必要があります。

しかし、自分は常に批判的に意見にさらされる職場で働きたかったのか。

そう考えると、私は違いました。

自分の持っている知識や行動を活かして、相手に喜んでもらう仕事がしたかったのです。

極端な話、公務員時代の給料が半分になったとしても、直接喜んでもらえる仕事であれば、その仕事に満足できると思いました。

それくらい公務員の状況には我慢できませんでした。

 

5:元公務員が少ないからこと公務員の職業を活かしたい

 ⑴ 公務員が転職を考えた時に元公務員の情報が少ないことに気が付く

私が退職を考えた1年前と比較して、ネット上に元公務員として働く人が増えてきました。

ですが、それはあくまでも自分が元公務員の人を探す目を持っているからです。

公務員として働きながら、元公務員の情報を掴むのは難しいです。

それを実感すると、公務員を辞めたら元公務員として情報を発信したくなります。

もちろん利用したい気持ちもありますが、同時に同じ苦労をさせたくない気持ちにもなるのです。

 ⑵ 『公務員』という職歴を活かしたい

なんだかんだで、公務員の職業にはブランド力があります。

飲食店を退職しても特に聞かれることはありませんが、公務員を退職した場合、100%「どうして公務員を辞めたの?」質問されます。

世間一般的には、公務員を辞めるのは非常識だからです。

(公務員を辞めた私でも、今もそう思います)

それくらい公務員ブランド力は、健在です。

たとえ公務員を辞めたとしても、せっかくある元公務員ブランドを利用しないと損な気がします。

【30歳脱サラ・新人ブロガー】

【30歳で公務員を退職!新人ブロガー】

どちらの方が、珍しさを感じますか。

『30歳で公務員を退職!新人ブロガー』ですよね。

実際に利用するかどうかは本人次第ですが、少なくても利用したい気持ちはありますし、実際に私も利用しています。

 ⑶ 公務員として働いたことに正当性を持ち続けたい

公務員として働いていた時代も、自分の人生の一部分です。なので、少しでも利用して正当化したいものです。

公務員を辞めたとしても同じです。

元公務員だから知れたこと・公務員ではないと感じられなかったこと

これらを広めることで、公務員として働いてきたことに満足したいのです。

それは決して悪い事ではありません。

失敗を失敗のままにしたら、後悔になります。

失敗を成功の糧としたら、経験となります。

二つの違いは、自分がどう利用するかだけです。

自分の体験を活かすことが、自分を納得させることにつながるのです。

 

6:元公務員の意見は一つの情報でしかなく、退職だけが正解ではない

私は公務員を退職しましたが、公務員を辞めること自体が正解だとは思いません。

人によっては公務員で働くことが正解かもしれませんし、現状では最適解なケースもあります。

しかし、自分だけで考えていると一方的な考えになってしまいます。

どこか違った目線で【職業 公務員】を見ないと、選択を誤ってしまう可能性があります。

私以外にも、元公務員として行動し、情報発信している方はいます。

生き生きとした人生
公務員を辞めたとしても生き生きと人生を送れることを知ってほしい公務員を辞めたとしても、生き生きと人生を送れることを知ってほしいです。 公務員を辞めてから数か月後に、同期と会う機会がありました。...

 

大事なのは、他人の話を自分自身に置き換えて考えることです。

  • 自分の優先すべきことは何か
  • 自分の達成したい目標は何か
  • 達成するためにどのような手段を用いるか

それらの答えとして、公務員があるのならそのまま働きましょう。

ですが、もし公務員が最良の答えではなければ、別の道を考えることも必要です。

(考えた結果、公務員として働き続ける結論になるのも当然アリです)

転職するにしても不安はあります。公務員時代よりも給料が低くなることも十分考えられます。

 

公務員の悩み
不安解消!公務員から転職するときに解決すべき10個の悩み公務員から転職するときに、解決すべき悩みは10個あります。 実際に、私が体験した悩みです。 不安は解決しない...

 

それでも、公務員を辞めて後悔しないくらい考えたなら後は行動に移すべきです。

行動しなかったことを後悔するのが、一番悔しいですので。

 

ご参考になれば幸いです!