働きながらできること

この1冊を読もう!営業職が好きなるには話し方を変えるだけでいい

シュガーマンのマーケティング30の法則

営業職が好きなるには、話し方を変えるだけでいいです。

「自分も人と話すがの好きだったらなぁ」

そう思って過ごしてました。

しかし、この本を読めば、営業職をしたくなります。

シュガーマンのマーケティング30の法則』です!

シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは [ ジョセフ・シュガーマン ]

created by Rinker

『マーケティング』は、専門用語に聞こえますが、そんなことはありません。

モノを売る手段の一つとして、マーケティングがあるだけです。

『シュガーマンのマーケティング30の法則』の著者ジョセフ・シュガーマンは、世界でサングラスを2000万本以上売った人物です

サングラスで2000万本の売り上げは、異常ですよね。

本の中では、シュガーマンの実体験を事例に交えて説明されているので、非常に読みやすいです。

もし、営業職をしているのであれば、この1冊を読むだけで、売り上げが倍になる可能性があります。

事実、広告の言葉を数文字を変えただけで、売り上げが倍になった事例もありました。

本をお手に取る、ご参考にしてください!

1:30の法則の内たった1種類でも使いこなせればモノを売ることはできる

『シュガーマンのマーケティング30の法則』は、モノを売るため方法が30種類書かれています。

どれも欠かすことのできない手段であり、必要不可欠なトリガー(引き金)です。

しかし、全てを覚えなくても大丈夫です。

たった、1種類でもトリガーを使いこなせれば、モノを売ることができるのです。

売るといっても、押し売りではありません。むしろ、押し売りはマイナス効果しかありませんので。

30の法則はお客の感情に訴えるものばかり。

こちら側から押すのではなく、お客をこちらに招き入れるのです。

モノを買ったときに満足するのは、自分で買うことを決定した場合です。

後押しすることは、決して悪い事ではありません。

  •  押し売りは、お客買わせる
  •  招き売りは、お客買う

2:意味不明に見える目次のタイトルにも意味がある

『シュガーマンのマーケティング30の法則』の、意味不明に見える目次のタイトルにも意味があります。

実際の見出しは、正直どれも変な見出しです。

意味不明に思える目次
  1. アイスクリームの注文手順
  2. 隣人の急死
  3. 愛とキャンパスの売春婦
  4. 臭いもののフタは開けろ
  5. 災い転じて……
  6. №1テレビセールスマンの秘密
  7. 「手を上げろ!」でお金をもらう
  8. ハワイで物語をする
  9. 男子風呂の「公告」
  10. 社長の愛車はラビットです
  11. 「ゴリラ・サバイバル作戦」で幸せ結婚生活
  12. 悪魔は理屈に棲んでいる
  13. 金持ちの最後の誘惑
  14. サルでもできる脳外科手術
  15. 情熱力
  16. 集団妄想、そしてマーケティング・アイディア
  17. 全国世捨て人会議
  18. 簡単にできる尾翼コレクション
  19. 火事だぁ、助けて!
  20. 金喰いスノーモービル
  21. バカで単純がサイコー
  22. 合法的賄賂で成功する
  23. 几帳面は得をする
  24. 軍事的策略、風船ガム編
  25. 初対面でベッドイン
  26. 宝くじ大当たり
  27. 見知らぬ人からのエロエロ誘惑
  28. お風呂に入ってバス
  29. フェロモン製造法
  30. 販売における最大の力

目次のタイトルだけを見て、意味が分かる見出しは一つもありませんよね。

特に⑪番の『「ゴリラ・サバイバル作戦」で幸せ結婚生活』は、本当に意味不明です。

しかし、面白いことに、本を読み進めると意味がわかってきます。

そして、意味が無いことに意味があることにも気が付きます。

言葉は、魅力を伝えるためにも使いますが、それ以前に印象に残すためにも使います。

会話の中で、言い間違えをした言葉って印象に残りませんか。

私の場合、こんな話がありました。

友人AがLINEで「紅一点(こういってん)」と書かれていたのですが、意味がわからず、紅一点を「くれないいってん」と読んでいました。

当然、友人Aは紅一点の意味がわからないので、友人Bに「くれないいってんって何?」と質問します。

友人Bは、「くれないいってん」を「紅一点」と訂正しましたが、紅一点の意味を架空の中国歴史の偉人「紅一点」として説明しました。

その場には、私含めて数人の友人がいましたが、紅一点が架空の人物なのは友人A以外全員知っています。

しかし、友人Aは紅一点(こういってん)の読み方も知らなかったので、友人Bの偉人紅一点を信じてしまったのです。

友人Aには、直ぐに訂正をし、紅一点の正しい意味を伝えました。

「くれないいってん」には何の意味もない、ただの間違えた読み方です。

しかし、紅一点のワードが出るたびに、紅一点の言葉が引き金となって、当時の事を思い出します。

つまり、言葉が思い出を引っ張る、引き金(トリガー)の役割をしているのです。

本は読み物ですが、知識を得るための手段の一つです。

ですが、本の内容を一字一句覚えるのはできませんよね。

しかし、見出しのタイトルに印象(思い入れ)があれば、タイトルを思い出しただけで、本の内容も思い出します。

『シュガーマンのマーケティング30の法則』の見出しには、そのような工夫がされているのです!

シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは [ ジョセフ・シュガーマン ]

created by Rinker

3:『シュガーマンのマーケティング30の法則』は古い本だからこそ価値がある

『シュガーマンのマーケティング30の法則』は、古い本だからこそ価値があります。

残念ながら、『シュガーマンのマーケティング30の法則』の本の内容と、同じシチュエーションでモノを売ることはできません。

シュガーマンはアメリカ出身ですし、アメリカと日本では営業の仕方も違います。

しかし、30の法則は、すべて実践で使うことができます。

なぜなら、『シュガーマンのマーケティング30の法則』は、今も読まれている本だからです。

『シュガーマンのマーケティング30の法則』の日本での発売は2006年です。

しかし、2017年になっても重版し続けています

シュガーマンのマーケティング30の法則

なぜ、和訳され、日本で発売してから10年以上経過した今でも売れ続けているのでしょうか。

それは、マーケティングの30の法則は、人間の本質であり、変わることのない法則だからです。

4:自分のことに当てはめて考えるのがマーケティング本の使い方

自分のことに当てはめて考えるのが、マーケティング本の使い方です。

『シュガーマンのマーケティング30の法則』は読み物としても面白いです。

ですが、それ以上に自分のケースで考えながら読み進めると、更に面白くなります。

本の一番最初の『アイスクリームの注文順』は、同じアイスの注文をしたのに、なぜか10セント安く注文することができた事例です。

(アイスクリームは35セント)

もちろん、10セント安いアイスクリームの味は全く同じです。特にいちゃもんをつけたわけではありません。

ただ注文の順番を変えただけで、10セント安くすることができました。

シュガーマンは、安くアイスクリームを注文できた実体験を営業に活かしたのです!

本が読みやすいしてある流れ
  1.  シュガーマン自身の体験談
  2.  体験談のポイントとなった部分の解説
  3.  体験談を実際に営業活かした場面の紹介

アイスクリームの話であれば、このようになります。

  1.  シュガーマンがアイスクリームを10セント安く注文できた(体験談)
  2.  10セント安くできた理由は注文する順番を変えたから(解説)
  3.  営業する時の会話も順番を変えることで売り上げが増加した(実例)

そのまま読んでもいいですが、③の部分を自分の例にして考えてみましょう。

すると、簡単に応用ができるイメージがわきます。

イメージがわけば、試したくなりますよね。

もし、営業職であればすぐにでも実践できます。

営業職以外でも、職場の会話で使うことも出来ます。

そんな実践的な内容が、『シュガーマンのマーケティング30の法則』には盛り込まれいるのです!

シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは [ ジョセフ・シュガーマン ]

created by Rinker

5:人と話すのが苦手な人ほど読んでもらいたい1冊

『シュガーマンのマーケティング30の法則』は、人と話すのが苦手な人ほど読んでもらいたい1冊です。

私自身、かなり人見知りしてしまうので、営業職にはむいていません。

税務署職員時代も多種多様な人の相談を受けてきましたが、ドキドキしてました。

しかし、そんな私でも、『シュガーマンのマーケティング30の法則』を読んだら、営業をやってみたいと思いました。

「すごい」の気持ちもありますが、「本当に効果があるのかな」との疑問の気持ちもあります。

ですが、そんな気持ちにされている時点で、心を動かされていることに気が付きました。

私の文章で「ちょっと読みたいかも」と思われましたら、『シュガーマンのマーケティング30の法則』にはもっと引き込まれることでしょう。

悔しいですが、私よりも実績も言葉の使い方も優れていますので!

シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは [ ジョセフ・シュガーマン ]

created by Rinker

ご参考になれば幸いです!