働きながらできること

定年延長で70歳定年になった場合のメリット・デメリットについて

merit

 

定年が70歳になることが、現実となってきました。

政府が定年を70歳にする理由は、労働者不足と年金制度の立て直しです。

確かに、労働者不足は現在でも発生してますし、年金制度も現状のままだと破綻するでしょう。

しかし、雇用制度は年齢によってメリット・デメリットは異なります。

特に現在の40歳以下の人からすると、70歳の定年延長が悪い方向への改変になることは間違いありません。

若い世代にとっての定年延長のマイナス点はコチラとなります。

  •  上の世代が辞めないと出世の枠がない
  •  給料は簡単に下げられないので、更に上がりにくくなる
  •  労働者が固定され流動性がもっとなくなる

詳しくは、続きをごらんください!

 

1:定年70歳はメリットを受けられるのは50・60代の職員のみ

ビジネスマン

 ⑴ 中高年は定年延長により現状の収入を更に維持することができる

結論から言うと、70歳引き上げの恩恵を受けるのは確実に50・60代の人です。

「定年が引き上げになればいつまで働けばいいのか」との意見もありますが、働きたくなければ途中で退職(リタイア)すればいいだけの話。

そもそも今の60歳は高齢者になるのでしょうか。

違いますよね。

70歳でも現役バリバリの人は数多くいます。

国会議員の大多数は60歳以上です。

働きたいけども年齢で働けなかったことを考えれば歓迎すべきでしょう。

 

 ⑵ 中高年が定年70歳になった場合のデメリットは無い

今の中高年からすればデメリットは存在しません。

強いて上げても自分より上の世代が抜けない(退職しない)事ですが、そんなのは些細な事です。

年金制度との兼ね合いはありますが、一応は労働条件と年金制度は別制度でありますので、年金以外の収入源が自動的に確保することができるのであれば何も問題はありません。

 

 ⑶ 定年制度延長が年功序列社会の継続を意味する

フリーランスの働き方や転職が増えていますが、全体からすれば微々たるものです。

企業で働いている人で、転職者と新卒者の割合でいえば絶対に新卒採用で働いている人が圧倒的なはず。

そんな環境が一変することは考えられません。

 

あと10年すれば労働者不足が如実に表れてくるので労働条件の変化が起きるとは思いますが、変化が起きる前に70歳の定年を迎えれば何も影響がありません。

つまり、定年70歳は50・60歳の人の為にある

といっても過言ではありません。

 

2:若年層にとって定年延長はマイナス効果が大きすぎる

ビジネスマン

 ⑴ 定年延長で新入社員を受け入れる枠が更に狭くなってしまう

50・60代の人が恩恵を受けるのであれば、その跳ね返りを受けるのは若年層です。

上限の人員が設定されている企業であれば、定年退職で抜ける職員がいないと採用される職員は減少が予想されます。

60歳(ないし65歳)定年であれば退職者100人いた企業が、退職期間が5年延長することで毎年100人の採用枠が減少し、その分だけ新卒を採用できません。

 

しかし、現実はもっと厄介です。

中高年層の方が倍以上給料を得ている現状は、若手職員2人分の給料中高年1人の人件費は同じです。

となると、定年延長で継続して100人働き続ければ、採用枠200人分が減少するといっても大袈裟な表現ではないでしょう。

 

 ⑵ どう考えても20代30代にとって定年延長のメリットは無い

若年層のメリットを考えたのですが、メリットは無いです(苦笑)

60歳定年から一部65歳に延長になったのがつい10年前です。

40歳の人で考えても70歳になるのは30年後。

今から30年間ずっと定年70歳が続いていでしょうか。

まず考えられません。

 

少なくても75歳、多分定年という概念が無くなる方が現実的だと思っています。

そんな中で、定年延長により入りたい企業に入社できない環境がある若年層はデメリットを被るしかないのです。

 

3:若者にとっては定年50歳なる方がメリットが大きい

ビジネス

 ⑴ 定年延長は人材の固定化に繋がるので人材不足解決にならない

労働者不足と言っておきながら、雇用延長っておかしいですよね。

労働者不足であれば、企業は常に労働者を欲している状態になります。

そうすれば、仮に会社を退職しても労働者はすぐに働き口が見つかるのが理論上成立します。

それなのにわざわざ国が雇用を義務化(定年延長)する理由がありません。

(労働環境は改善する必要はあります)

 

売り手市場であれば、企業は優遇した環境をアピールするしかありません。

だとすれば、定年延長を義務化しなくても企業側が自主的に労働期間延長をするのが普通です。

 

 ⑵ 50歳定年にした方が時代に合った働き方が可能となる

昔は一つの会社で定年まで働くのが一般的でした。

でも、40年、50年と続く会社がどのくらいあるでしょうか。

仮に50年存続する企業が30%あったとしても、残りの70%の企業に就職した人は必ず転職しなければいけません。

現状は中高年からの転職は皆無なので転職するのはタブーになっていますが、50歳定年にすれば50歳から70歳までの20年を自由な場所で働くことができます。

子育てもひと段落する年齢になれば、自分の働きたい環境で働くことに重きを置けます。

だとするならば、定年を延長するよりも短くする方が時代に合っているのではないでしょうか。

 

 ⑶ 人材の流動性が上がると損するのは若者だが実際には逆になっている

日本は新卒一括採用ですが、本来これは学生にとっては非常に恩恵がある制度です。

一括採用は、何もスキル持っていない人材が企業からイチから施しを受けることができます。

一般的に同じ賃金であれば既にスキルのある人材の方が有利に働きます。

若さをアピールできるのは肉体労働が優位に働く職場のみです。

世界的に見た日本の失業率の低さも新卒一括採用のおかげです。

 

欧米などは失業率が高いですが、失業者のほとんどがスキルの持っていない若者です。

ゲームの世界でレベル1とレベル10の人が戦ったら、余程初期ステータスに差がない限りはレベル10が勝ちますよね。

 

当たり前ですが、社会は弱肉強食

なので、本来流動性は中高年が有利なのに実際には中高年が労働者の流動性(転職)に反対し、若年層が流動性に反対すべきなのに流動性に賛成しているのが日本の面白いところです(皮肉)

それだけ自分の価値をアピールするのが下手なだけかもしれません。

(あるいは転職が面倒だったり、自身のスキルが乏しいのを自覚しているのかも・・・)

 

4:仕事が楽しいと感じないと定年延長する意味が無い

今定年を迎えた人が「毎週40時間働きたいか」と聞かれれば微妙ですが、「週20時間ならどう?」と聞かれれば70代でも進んで手を挙げると思います。

仕事一筋で、1日のほとんどを仕事に費やしてきた人が、退職したあとの余った時間を有効に使えている人はどのくらいいるでしょうか。

 

大して面白くもないテレビを見て

あまり好きでもないモノ(趣味)に手を出し

年金の受給金額の変動に一喜一憂する

 

そんな人生が面白いとは思えません。

それなら週3日くらい働いた方が、かえって休みを有効的に利用できますし、収入も増えます。

今やるべきなのは、定年70歳よりも先に仕事=苦痛のイメージを取り除くのが先決です。

高齢者が元気で笑顔で働くことができれば若者もそれを目標に頑張ることが出来ます。

是非とも変化していってほしいです。

 

ご参考になれば幸いです!