税務署職員生活

税務署退職!公務員辞めて収入0円になったが辞めた選択に後悔はない

退職の道を選んだ人

税務署を退職して収入0ですが、辞めた選択に後悔はありません。

私は2018年7月に、12年以上勤めた税務署を退職しました。

退職後は貯蓄を切り崩しつつ、ブログを書きながら生活をしています。

高卒で公務員となったので、私には学歴も資格もありません。

不安がないと言ったら、ウソになります。

しかし、そんな状況でも、1度たりとも「公務員に戻りたいな」との気持ちにはなりません。

公務員退職を決断した、理由をご覧ください。

1:公務員の職場も千差万別で一括りにはできない

公務員の職場も千差万別で、一括りにはできません。

公務員の仕事は、楽なイメージが先行します。

しかし、現実の公務員の職場では、残業が100時間を超える業種もあれば、ドロドロの人間関係があるのも珍しくありません。

ただ、私の場合には幸運にも、はほぼ残業ゼロで、比較的陰湿な人間関係もない環境で働いていました。

※ただし、一人の先輩は除く。

それでも、税務署職員を辞めました。

  • 職業公務員
  • 残業ゼロ
  • 充実した福利厚生

表面から見える情報だけで、仕事の満足度を判断することはできません。

2:残業ゼロの公務員でも週40時間は働いている

残業ゼロの公務員でも、週40時間は働いています。

当たり前と思うかもしれません。

しかし、週に40時間働くことの、何が当たり前なのでしょうか。

 ⑴ つまらない仕事を毎日8時間50年間継続するのは苦行

つまらない仕事を、毎日8時間50年間継続するのは苦行です。

極端な例えですが、毎日コピー取りの仕事をするだけで年収1000万円の仕事があったらやりますかやりませんか

私は間違いなく、やりません。

1日8時間も(自分にとって)無意味な仕事をやるのは、苦痛でしかありません。

たとえ1000万円年収があったとしても、年間で約2000時間も同じことをやる気力はありませんし、それを40年も続けることを考えたら頭がクラクラします。

世間は残業ゼロに注目し過ぎです。

1日8時間仕事をしている事実から、考えなければいけません。

特別な事情がない限り、仕事以外で好きでもない事を毎日8時間も続ける人は誰もしませんよね。

でなければそれは嫌な仕事ではありません。

 ⑵ 平日は朝から12時間以上仕事モードになっている

朝から仕事モードなら、1日12時間以上は仕事に拘束されています。

労働時間が1日8時間だとしても、8時間だけしか仕事を考えている人はいません。

朝起きた瞬間に「今日も仕事かぁ」と思いつつ、満員電車に揺られ、そして帰宅する。

朝6時に起床して、夜6時に自宅に戻っても、12時間は仕事を考えています。

好きでも、得意でもないことに、起きてる時間の2/3を費やすのは大変です。

日々に喜びが感じられる出来事があればそれを目標に頑張れます。

しかし、目標が無いまま、1日の大半働くのは気が滅入るものです。

 ⑶ 「人生はお金が全てではない」はお金が手段で価値はないから

「人生はお金が全てではない」は、お金が手段で価値はないからです。

人生はお金が全てではない派お金があれば何でもできる派が度々衝突します。

意見の食い違いは、『お金』の考え方が違うからです。

  • 人生はお金が全てではない→お金を手段として考えている
  • お金があれば何でもできる→お金を絶対の価値として考えている

資本主義社会では、お金は必須です。

しかし、お金が多い=幸せではありません。

自分の目的のためにお金が必要であれば、働いて稼ぐ必要があります。

逆に、自分の生活でお金を必要としていないなら、働く必要はありません。

私は高卒で1年目は年収300万円くらいでした。

退職の最後年は、年収が約500万円でした。

給与明細表
【給与明細公開!】大卒と比べても高卒公務員の年収も待遇も悪くない!公務員に就職すれば、大卒も高卒も年収(給料)にそこまで差はありません。 正直、学歴格差が一番少ないのは公務員とすら思ったくらいです...

10年間働いて、収入は200万円増えました。

ですが、社会人1年目でも100万円貯金できていた私にとって、収入は200万円あれば生活できる金額です。

公務員の道を進んで得た年収500万円

or

公務員を辞めて、自分にあった生活をする年収200万円

どちらがいいかの正解はありません。

正解は、自分の求める生活で変わってきますので。

3:税務署の職場は閉鎖的空間と身内感な要素が強い

shout

職業としての税務署の職場は、閉鎖的空間と身内感が強いです。

  • 閉鎖的空間
  • 身内感

この2つは、決して悪いものではありません。

しかし、職場自体の雰囲気が合わないと、居心地の悪い場所で働き続けることになります。

 ⑴ 税務署の職場は週5回の飲み会があるくらい酒が多い

税務署の職場は、週5回の飲み会があるくらい酒が多いです。

もし、税務署の職員アンケートを取った場合、飲み会の回数が多いと回答する人は過半数を超えると思います。

それくらい飲み会が多いです。

ごく普通に毎日飲み歩く人もいたり、それに付き合わされることは日常茶飯事ですが、何かについて飲み会を開催しようとします。

税務署の採用試験を受ける場合、区切りや研修などのイベントがあれば全てに飲み会がセットになると思ってください。

飲み会の1~2時間ならまだいいのですが、4,5時間とか普通なので、苦痛でしかありません。

また、飲み会好きの人の方が人付き合いがいいので昇進します。

故に飲み会=正義の風習が無くなる気配は一向にありません。

 ⑵ 閉鎖的な空間だけども1~4年に1度は転勤がある

税務署は閉鎖的な空間です。

しかし、同じ場所に勤務し続けることはありません。

税務署は転勤がつきもので、1年から4年単位で転勤をします。

勤務地の希望を出すことはできますが、転勤先が希望通りになることはありません。

優先されるのは、子育て、介護が必要な職員であり、独身者はどこにでも転勤する可能性があります。

東京国税局を例にとりますと、東京国税局は1都3県(東京、千葉、神奈川、山梨)を管轄しており、その管轄内ならどこへでも転勤する可能性があります。

現実に、千葉県館山市にある館山税務署から山梨県甲府市にある甲府税務署に転勤することも普通です。

これは例え1月前にアパートを更新しても一切関係ないので、中途解約をし新たに転勤先に居所を構えなければいけないので苦痛です。

 ⑶ 部内完結だからアナログ作業がいつまでも存在する

税務署は、部外との情報をやりとりすることはありません。

申告書等の書類を受け取ることはありますが、基本的には紙媒体を使用しますし、e-Taxもまだ不完全です。

(相続税のは未だに電子申告はできません)

民間企業であれは競合先と争いがあるため、常に最新・効率的な事務を求めますが、税務署は唯一無二の機関であるため、争いもありませんし比較もされません。

なので、いつまでたってもアナログ社会が残り続けています。

一番厄介なのが、アナログでのセキュリティ対策です。

不祥事が発生すると再発防止策を講じます。

それは理解できるのですが、その再発防止策が常にアナログな事です。

例えば、郵便物を発送する際には、

担当者確認⇒他の職員確認⇒管理者確認⇒担当者発送準備⇒管理者発送決裁

この手順を毎回しなければいけません。

本当にバカらしかったです。

これを毎日毎日繰り返していると囚人のような扱いを受けている感覚になります。国税庁や国税局からみれば囚人と同様だったかもしれませんが。

そんなナンセンスな職場環境に馴染むことはありませんでした。

4:30歳のタイミングでの転職は遅くも早くもない

考える

30歳のタイミングでの転職は、遅くも早くもありません。

年齢条件がある転職先は存在します。

しかし、転職するのに年齢は関係ありません。

自分が転職したいと思ったタイミングが、転職のタイミングです

 ⑴ 同じ職場に10年間勤務したことに意味はない

同じ職場に10年間勤務したことに意味はありません。

私は税務署に12年以上勤務していました。

ただ、10年以上勤務して意味があったのかと聞かれても、「別にない」と回答します。

特に年数は関係ありません。

30年だろうが、1か月であろうが、ベストな辞めるタイミングは人それぞれです。

むしろ、『勤務歴10年』など、勤務年数の数字は気にしないでください。

自分にとっては区切りかもしれませんが、他人にとっては至極どうでもいい数字でしかありません。

もし、やることが決まっていて職場にも未練が無いのなら今がベストタイミングの事もあるので(良い職場を見つけるという)目的を見誤らないことです。

 ⑵ 30歳で辞めたのは偶然であり区切りが理由ではない

私は税務署を30歳で退職しました。

しかし、10年勤務と同様ですが、30歳の区切りも特に気にしてはいませんでした。

たまたま、30歳だったというだけです。

幸い(?)にも独身で結婚する予定も全くなかったので、退職する時点では自分が辞めたことにより路頭に迷う人はいない状態でした。

親には心配を掛けますが、「自分の人生だから好きにしな」と声を掛けられたのは嬉しくもあり、「これで成功しないとカッコがつかん」と鼓舞する気持ちになりました。

ただ、高卒にしろ、大卒にしろ、年齢的に30歳前後は悩む時期だと思います。

  •  結婚
  •  子育て
  •  仕事

周囲が変化していっている中で、自分が変化していない事への焦りはないとは言い切れませんでした。

それでも、「周りがそうだから」との理由で辞めるは危険です。

あくまでも辞めるのは自分のためであり、周囲は一切関係ありません。

周囲に流されて仕事を辞めるのであれば必ず失敗します。

SNSで「俺、今日仕事辞めたわw」なんて投稿を見ても、その人はその人です。

自分の意思で辞めましょう。

 ⑶ 辞めた不安はあるが税務署に残る不安の方が大きかった

税務署を退職しましたが、不安はあります。

「公務員辞めて不安はないの」と聞かれれば、「めちゃくちゃあるよ!」とはっきりと回答するでしょう。。

公務員時代に原因不明の頭痛、目の痛み、めまい、耳鳴り、下痢と便秘の繰り返しなどのからだの不調はしょっちゅうありました。

ストレスで押しつぶされそうになる人
私が経験したストレス反応の種類と症状のご紹介 社会の万病とはいっても過言ではないストレス。 ストレスを抱えることによって引き起こされる危険性は誰もが認知するところ。 ...

退職してからそれが治るかと思いましたが、案外すぐに治らないものです。

(軽減はしてますが)

ふと夜に「このままで俺はいきていけるのだろうか」とか、「収入0円だけと本当に大丈夫か」とか、「傍から見たらブログごっついツマラナイと思われてるのでは」と不安になります。

それでも、「公務員に戻りたい」とは全く思わないです。

公務員に残ったとしてもリスクはありました。

公務員バッシングがやむ日はありませんし、給与形態が良くなる見込みもありません。

定年延長で目の上のタンコブが永遠と無くならない状態が続きます。

単純にそれらもリスクです。

仕事に100種類のリスクが存在するのなら、自営業と公務員は違うリスクを持っています。

人によっては絶対に持ちたくないリスクもありますし、全然リスクと感じないリスクもあります。

要は感じ方次第です。

私の場合たまたま自営業の方がリスクが少ないと思っただけです。

なので、「公務員を続けている人がダメ」と思うことは一切ありません。

5:税務署職員から転職するならチョイずらしがオススメ

選択

税務署職員から転職するなら、チョイずらしがオススメします。

税金を取り扱うのが好きなら、引き続き税務署で働けばいいだけです。

税金が嫌いなら、仕事で税金に接しない仕事をしましょう。

ただ、自分の能力を利用したいなら、税金と少し関係のある仕事を選ぶこといいです。

 ⑴ 税理士になる予定がないなら税理士事務所で働くのはNG

税務署を退職して、アルバイトとして働くならいいかもしれません。

ですが、税理士資格がない、又は取得予定がないのなら、税理士事務所に勤めるメリットがありません。

定年退職した、元税務署職員の大半は、税理士資格を所持しています。

資格を持っていない元税務署職員は、税理士資格を所持している元税務署職員よりも、下に見られます。

正直メリットは少ないです。

 ⑵ 税務署のキャリアを活かすなら異業種へチャレンジがベスト

難しいですし、大変だと思いますがキャリアアップを考えるなら、異業種の世界に飛び込むのが最適解です。

税務署の同業者は税理士界隈の人ですが、試験を合格して税理士になった人に知識量では勝てませんし、個性の差別化ができません。

それならば、『今の仕事×やりたい仕事』の掛け算を考えるべきです。

例えば、トラック運転手も看護師を職業にする方も沢山います。

ですが、看護師を経験したトラック運転手はいますでしょうか。

いるかもしれませんが割合はかなり少ないはずです。

税務署職員であれば、小学生向けの塾なども面白いかもしれません。

学校で勉強する塾はありますが、税金やお金を教える塾は存在しません。

これからの社会を考えた場合、子どもにお金や税金の知識を覚えてもらいたい親御さんはいるはずです。

需要はあるけど、供給は無い

そのような仕事を見つけて働くのも一つの選択肢です。

 ⑶ 別に転職先がゼロからのスタートでも何も問題ない

異業種に飛び込むことで自分のスキルが全く使えないと錯覚しますが、何も問題になりません。

そもそも年数に応じでスキルが上がっているのでしょうか。

会社の戦力層は30歳から40歳がメインです。

50歳以上になると衰えてくる人も多々いますよね。

30、40代までに積んでいる経験は長くて10年です。

今まで働いて期間を踏まえれば、半分の期間で習得できる可能性もあります。

RPGゲームのFF(ファイナルファンタジー)を初めてプレイする人で、どちらの人が上達するのが早いでしょうか。

  • ドラクエをやったことある人
  • RPGをプレイするのが初めての人

ドラクエをプレイしたことがあれば、FFシリーズをプレイしている人に比べれば上達は遅いかもしれませんが、RPG未プレイ者よりかは遥かに理解力は早いです。

同様に、ゲーム自体をプレイしたことがない人とゲームはやったことある人を比較すれば、ゲーム経験者の方が飲み込みは早いです。

仕事も同じです。

他業種であっても、仕事は仕事。違う部分もたくさんありますが、似ている部分もたくさんあります。

むしろ、同じ業種の方が先入観が邪魔して上手く馴染めない場合もあります。

未経験だからといって、尻込みする必要はありません。

 ⑷ フリーランスの生き方の有り無し論争の結論は「人それぞれ」

フリーランスの生き方の有り無し論争の結論は、「人それぞれ」です。

私は、会社員や公務員といった仕事には向いていませんでした。

  • 人の嫌な顔を見るのもキライです
  • 人に押し売りをするのもキライです
  • 非合理的な行動もキライです

嫌いなことを避けたいなら、自分で道を切り開くしか、選択肢はありませんでした。

私は、人が笑顔を見るのが好きです。

自分の考えや経験が、他の人々の人生にいい影響を与えられれば、最高です。

私が苦しんだり悩んだ経験を、今悩んでいる人に活かしてもらいたい。

そして、その人達の人生が豊かになってほしい。

渡しの場合には、目標に向かう選択肢として、フリーランスが適していると判断しました。

自分の目標に向かうのに、公務員が向いていればそのまま働くのが正解です。

答えを出せるのは、自分しかいません。

6:仕事は人生の手段であり目的とはならない

仕事は人生の手段であり、目的とはなりません。

働くことに幸せを感じる人は、仕事を続けることもいいです。

ただ、幸せを感じる働き方が、今の職場にあるかは考えなければなりません。

私の場合には、税務署の職場が幸せを感じられる職場ではありませんでした。

なので、税務署を退職し、フリーランスの道に進みました。

しかし、公務員の職場に幸せ(やりがい)を感じるなら、公務員を辞める必要はありません。

転職=幸せの方程式は成立しませんので。

仕事を辞めることには、リスクが伴います。

ですが、仕事を続けることにもリスクが伴います。

リスクがない仕事は、存在しません。

選択できるのは、自分にとってリスクが少ない働き方を選ぶことです。

その答えが転職なら、腹をくくって行動しましょう!

ご参考になれば幸いです!