転職の選択肢

税務署(公務員)を辞めてから初めてわかる後悔する出来事

後悔する人

税務署(公務員)を辞めてから、初めてわかる後悔する出来事はあります。

金銭面の不安が、無くなることはありません。

私は退職後、転職活動をしていないので、収入が激減しました。

今は公務員時代に貯めた貯蓄を切り崩し、生活をしています。

お金以外にも、最初は強かった不安が薄れてきたり、逆に最初大丈夫だったものが不安になったりと、退職してから3か月しか経過していませんが心境の変化はありました。

  •  お金に関して具体的に考えるようになる
  • 『将来』の不安よりも『今』を大事にするようになる
  • 仕事の同僚との付き合いは切れる
  • 仕事以外での共通点があった人のみ付き合いが続く

公務員を退職した人しか、味わうことができない感覚があります。

公務員を辞める前に、今一度考えを整理してください。

 

1:収入の不安は一生あるもので公務員であっても解決しない

money

収入の不安は、一生あるものです。職業が公務員であっても解決しません。

むしろ、公務員だからこそ抱える将来への不安もありました。

収入が減った、退職後の方が強く感じます。

 ① 将来的に考えると公務員の収入には不安が残る

将来的に考えますと、公務員の収入には不安が残ります。

公務員の収入は、給料はいつ削減されてもおかしくはありません。

公務員の給与は、民間企業の賃金を反映させています。

景気が悪くなれば、民間企業の賃金も下がります。

そうなれば当然、公務員の給与も減少対象に。

仕事量は変わらない、逆に増加するのに給与は減る

公務員として働く以上、このジレンマから逃れることはできません。

安定した給料だけなら、公務員はありです。

しかし、同じ仕事量でも給料が下がるのが今の公務員です。

 ② 税務署勤務の場合毎年給与2割カットの可能性がある

税務署勤務の場合、毎年給与2割カットの可能性がありました。

理由は、地域手当です。

地域手当は、勤務地の民間賃金の水準に合われるための措置です。

東京23区内の税務署に勤務すると、基本給に対して、地域手当が2割加算されます。

しかし、同じ東京局でも千葉県の館山税務署では地域手当は0%です。

地域手当

希望して、地域手当0%で働くなら納得できます。

ですが、国家公務員は毎年のように転勤があり、本人の希望が叶うことはほとんどありません。

東京23区から館山税務署に転勤になると、強制的に給料2割カットになります。

地域手当が20%⇒0%なれば、同じ仕事でも8割の給与で仕事をすることになります。

これが、精神衛生上やるせない気持ちになりました。

 ③ 公務員の退職金は激減している

公務員の退職金は激減しています。

平成25年から、公務員の退職金が大幅に削減されました。

金額としては、平成24年12月に退職した人と平成25年3月で定年退職した人では、退職金が100万円単位での減額です。

定年までの3ヶ月間の給料を合計しても、回収できない退職金の金額でした。

(退職金の所得税率は低いです)

退職金が減額された当時の風潮としては、「公務員の退職員は元が多いからいいじゃん」との意見が大半。

しかし、元の金額が多いからといって、喜んで退職金の減額を受け入れる人はいません。

普通に考えれば、3ヶ月間タダ働きするよりも12月に退職したほうが合理的です。

今後も退職金の減額は露骨になるでしょう。

今の退職金よりも半減する可能性もありえる話です。

昇進速度
公務員の退職金にキャリアと勤務年数は大きく影響する【明細公開】 公務員の退職金には、キャリアと勤務年数が大きく影響します! 私は高卒の元税務署職員でした。 税務署職員としての勤務歴...

 ④ 公務員時代の年収が自分の仕事量に伴っているか不安だった

公務員時代の年収が、自分の仕事量に伴っているか不安です。

税務署勤務時代、30歳での年収は500万円でした。

給与明細表
【給与明細公開!】大卒と比べても高卒公務員の年収も待遇も悪くない!大卒と比べても、高卒公務員の年収(給料)も待遇も悪くありません。 私は12年以上、高卒で国家公務員(税務署)として勤務していました...

正直に申し上げて、公務員として500万円分の給料に見合う仕事が出来ていたのかはわかりません。

私としては、自分の能力をフルひ活用すればもっと稼げる(稼ぎたい)と当時から思っていました。

ですが、税務署の職員として与えられている仕事の内容が元々500万円分の価値があったのかは最後まで不明でした。

公務員は民間で採算の合わない仕事を請け負うため、客観的な判断がしにくいです。

仮に税務調査を営業職のような歩合制にしたら、強引な手法で税金を取る職員が圧倒的に増加するでしょう。

脱税者から徴収するのは一向に問題ないですが、税務調査には誤りを指摘する側面もあるので、泳がせておいて後から徴収する考えを持つ職員が出ても不思議ではありません。

なので、民間のような歩合制は職員の技量によって公平性を保つことにリスクが伴います。

ですので、どうしても税務署(公務員)の給料は、仕事内容ではなく年齢や勤務年数などから給料額を算出します。

労働意欲の低い職員に関してはそちらの方がメリットはあります。

より自分が楽をして多く給料を得ることができますので。

ただ、その状態は一向に労働意欲を上げるモチベーションになりません。

当然ながら、民間企業よりも、やる気のない職場に見えてしまいます。

 

2:退職前の職場との人間関係は辞めた後は切れる

cat

退職前の職場との人間関係は、辞めた後は切れます。

無関係の仕事に行ったのが原因でもありますが、半年後には、現役職員と連絡もしなくなりました。

 ⑴ 同期に連絡は可能だが、わざわざ連絡しようとは思わない

私は完全に公私を分けていた人間なので、休日に同僚と遊ぶことはありませんでした。

職場のレクリエーションなどの付き合いはありましたが、普通に同僚と買い物をしたり出掛けたりする機会は片手で数えられるくらいです。

そんな私ですが、「仕事辞めます」と連絡した同期のほとんどから連絡がありました。

「今度会おうよ」

「また飲みに行こうよ」

「絶対に企画するから来てね!」

予想よりも多い反応がありました。

が、今のところどれも実現はしていません。

※ 退職した年末に会うことになりした。

もちろん連絡先を知っているので私から「久々に会わない」と誘えば集まるでしょう。(多分)

でも、わざわざ別世界に行ったのに、前の世界の人間と関わるのかと思い出すと連絡しようとは思いません。

特別な間柄であれば連絡してもいいと思いますが、その程度であればもう終わりってことです

 ⑵ 公務員にとって元同僚は部外者であり別世界の存在となる

当たり前の話ですが、仕事を辞めると同僚ではなく元同僚です。

普通に話していても一線が引かれており、どこか違う雰囲気です。

仕事の内容を話すわけにもいきませんし、こちらとしても聞くことはできません。

(公務員には守秘義務があり、違反すると犯罪です)

そんな雰囲気にはどこかよそよそしさもあり、「自分はもう違うのだな」と以前のような関係性は保てなくなります。

 ⑶ 唯一付き合いが続いているのが同じ職場を退職した人

唯一、付き合いが続いているのが、同じ職場を退職した人です。

連絡取り合っている元同僚は、私よりも早く税務署を退職しました。

辞めた理由はそれぞれですが、辞めた行為は同じなので、元職場の不満の言い合いになります(笑)

公務員は閉鎖的な空間であり、利害関係者との関わりはかなり制限される職場。

税務署職員から税理士になる人は大勢いますが、税務署職員と税理士は公務員と民間人とで一線が引かれ、基本的に飲食は禁止されています。

飲食を共にする場合でも場合によってはいつ誰とどのぐらいの金額の会食をするかを職場に報告し承認してもらわなければなりません。

正直面倒です。職員からすればそこまでして付き合う(飲みたい)とは思いません。

それを考えてしまうと、公務員民間人の間柄ではなく、退職した元公務員同士の付き合いの方が楽です。

3:正直公務員を辞めたことに後悔することは考えられない

正直、公務員を辞めたことに後悔することは、考えられません。

収入は減少しました。

金銭面の憂いから、公務員に戻りたい気持ちが出ると思っていました。

しかし、税務署を辞めてから数か月経過しますが、「公務員辞めなければよかった」と考えたことは1度もありません。

 ⑴ 100%後悔しないくらいに考えて退職すれば後悔しない

100%後悔しないくらいに考えて退職すれば、後悔はしません。

私は、税務署に12年間勤務していました。

税務署は、1年目の初日からずっと辞めたいと思っていました。

当時は、高卒で辞めても公務員以上に待遇が良い職場はありません。

また、自分がどんな仕事をしたいかも、具体的に考えもしていなかったです。

その結果、辞めてもその先の未来が見えず、毎日のように退職人生について考える公務員生活が続きました。

毎日のように悩んでいると流石に自分の中にある不安を一つ一つ具体化し、その不安が税務署で働き続けることで解決するのかを検討していきました。

結論としては、不安は無くなることは無かったです。

ですが、不安を具体化することで、自分の進むべき進路を見えてきました。

その中の私の答えとして、税務署を辞めるという決断に至りました。

現在勤めている職場を辞めることが正解ではありません。

ですが、辞める・辞めないの決断を下すことが出来るくらいに考えればどちらの選択をしても後悔することはありません。

 ⑵ 自分で決断したことが最大の『納得感』であり後悔しない秘訣

後悔していない最大の理由としては自分自身で決断したという『納得感』があります。

自らの意思で決断しことに他人の関与はありません。

あくまでも自分で決めたので責任も全て自分にあります。

自分の人生なので当然と言えば当然なのですが。

それでも人に言われて決断をすると、躓いた際に決断の助言をした人を言い訳の対象としてしまいます。

会社員はオワコンでフリーで働いた方が楽ですし、いいですよ~
公務員の仕事なんて無価値だからささっと転職した方がいいよ

そんな意見を鵜呑みにして退職しても自分自身の心境に変化はありません。

変わらなければいけないのは自分自身です

今の環境を変化させる事を望み、

そのためにはどうすればいいのかを考え、

そして決断する

初めて自分の選択に『納得感』が生まれます

ブログの記事は下書きも含め100記事くらい作成してきましが、実はこの記事は今までで一番書き始めるまでに取り掛かるのが遅かったです。

それくらい考えました。

でも、苦悩していたわけではないです。

後悔していることが無くて、後悔していることを探すのに苦労してました。

私は、そのくらい税務署を辞めたことに悔いはありません。

4:公務員から転職するのも選択肢として持つべき

公務員から転職するのも、選択肢として持つべきです。

全員が、公務員から転職するのが正解だとは思いません。

しかし、公務員よりも良い職場環境もあります。

公務員以上に条件が良い職場があるのに、転職しなかったらどう思うでしょう。

きっと後悔するはずです。

MIIDAS(ミイダス)は、あなたの市場価値職種適正を診断してくれます。

ミイダス

市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

転職する・しないにかかわらず、今の現状を把握することは大切です。

現状をしっかりと見極めてから、行動に移しましょう!

ご参考になれば幸いです!