転職の選択肢

転職サイトと転職エージェントは転職理由によって使い分けるべき

転職サイト

転職サイトと転職エージェントは、転職理由によって使い分けるべきです。

転職活動をする場合、2種類の方法があります。

  •  転職サイトを利用する
  •  転職エージェントを利用する

転職サイトとは、求人内容を確認して、自ら転職先に応募する方法です。

タウンワークやバイトならアルバイトを探すなら「バイトル」などが該当します。

一方、転職エージェントの特徴としては、転職エージェントが自分に合った転職先を探してくれる方法です。

マイナビエージェントdodaなどは転職エージェントに該当します。

転職サイトと転職エージェントのどちらもメリット・デメリットがあります。

また、Aさんは転職サイトで転職活動をした方がいいけど、Bさんは転職サイトで転職活動をすると損をする場合があります。

大事になるのは、自分が転職活動で損をしないサイトを選ぶこと。

ですので、転職サイトと転職エージェントの特徴について説明します。

 

お品書き

1:【求人サイト・デメリット】どんな企業であっても求人募集ができてしまう

転職サイトのデメリットはコチラとなります。

転職サイトのデメリット
  •  ブラック企業が混ざっている
  •  好条件の企業が少ない
  •  自分の仕事歴を活用できない

 

 ⑴ 転職サイトにはブラック企業も混ざっている

労働者不足であれば、労働者の地位は高くなるはずですが、残念ながら転職サイトにはブラック企業の募集も存在します。

ブラック企業は退職者が多いので、多くの社員を採用しなければいけません。

そんな時、一番人材を確保しやすい手段が、求人サイトです。

求人サイト自体が悪いサイトなのではありません。ですが、掲載件数が多ければその分ブラック企業も多く登録しているのも事実です。

なので、自分で転職先の企業を見極めないと、転職したのに、悪い環境で働くことになります。

 

 ⑵ 自分が求める好条件の求人が少ない

求人サイトは幅広く取り扱っています。

未経験者歓迎や他業種経験者も採用する企業が多いです。

しかし、転職する側からすると、未経験者でひとまとめにされるのはデメリットにもなります。

転職先が異業種であっても、今まで蓄積した経験が活かせる場合もあります。むしろ、アイディアを生むには異業種の考えが必要です。

しかし、求人サイトでそこまで多くを望むことができません。

そうなると、結果的に能力以下の条件での採用になる場合もああります。

 

 ⑶ 自分の仕事のキャリアを活かすことができない

求人には採用条件があります。

学歴・年齢・資格

ですが、学齢期・年齢・資格以外の評価されにく傾向があります。

営業マンであれば、資格は必要ありません。

しかし、営業をしたことない人と、営業歴10年の同い年ならどちらの方が戦力となりますよでしょうか。

営業を10年経験した人ですよね。

求人サイトから採用試験を受ける場合、採用試験の時に給料交渉をするのは難しいです。

採用する側からすると、採用のライバルとなる企業がいなければ、採用時の給料を上げる必要がありませんので。

 

2:【求人サイト・メリット】異業種への転職の選択肢が多い

転職サイトのメリットは、コチラとなります!

転職サイトのメリット
  •  掲載されている求人募集している企業件数が多い
  •  自分で同じ業種で給料や待遇を比較できる
  •  未経験業種への転職が容易

 ⑴ 求人掲載が多ければ自分にあった会社に転職することができる

転職サイトは、とにかく求人が多いのが特徴

大手のリクナビNEXTは、毎週2000件以上の新着求人があります。

(平成31年3月時点)

掲載している件数が多ければ、その分だけ自分の条件に合う転職先を見つけることができます。

同じ仕事内容でも、通勤時間が1時間30分電車で10分では大きく違いますよね。

求人件数が多ければ、そのような詳細な条件もチェックすることができるのです。

 ⑵ 求人サイトは同業種の比較検討をしやすい

求人募集の数が多ければ、その分同じ業種もたくさんあります。

例えば、家電量販店に就職したいと考えたとします。

家電量販店でも、ヤマダ電機、ケーズデンキ、ビックカメラ、ヨドバシカメラなどがありますよね。

同じ家電量販店なら就職先がどこでもいいとは限りません。

業種は同じでも、業務内容まで一緒とはかぎりませんので。

つまり、求人が多ければ選択の自由が生まれるのです。

 ⑶ 未経験の仕事先を選べるのは転職サイトの大きな利点

転職するとしても、同じ業種に転職するとは限りません。

仕事自体が嫌になった場合、同じ業種の企業に転職しては同じことの繰り返しです。

そういった場合に便利に利用できるのが転職サイト。

ブラック企業もありますが、本当に人材不足で苦労している会社もあります。

そのような会社は、少しでも良い人材を引き受けるため条件を緩くしています。

労働者不足だからこそ、異業種への転職タイミングとしてはいいのかもしれません。

 

3:【転職エージェント・デメリット】転職が同業種に限定される

転職サイトと比較して、転職エージェントの利用する年齢層は高めです。

20代後半から中高年層まで利用する層は幅広いです。

特に転職エージェントを利用する場合、キャリアップとしての転職が多いので、ある程度社会経験が条件となってきます。

ですので、転職エージェントを使うのには適さない人も存在します。

転職エージェントのデメリットはコチラです。

転職エージェントのデメリット
  • 勤務歴が短いと利用できない
  • 担当者が合わないと転職が上手くいかない
  • 異業種への転職は難しい

 ⑴ 転職エージェントは仕事歴が短いと上手く使いこなせない

転職エージェントの特徴は、キャリアアップです。

今まで自分が働いてきたキャリア(実績)を上げるために使います。

逆に就職して、1年2年だと実績がありませんので、積み上げるキャリアがまだありません。

営業など短期的に成果を上げられる仕事は別ですが、ある程度の年数を経験しないとキャリアとは言い切れない部分があります。

 ⑵ 転職エージェントの担当者と相性が悪い場合がある

転職エージェントは自分に対して担当者が付きます。

ですが、担当者はあなただけを担当するわけではありません。

場合によっては、複数の転職活動を支援することに。

そうなると、担当者によっては連絡が遅かったり反応が鈍かったりします。

転職活動は一つの転機なので、担当者との相性も大事になります。

 

 ⑶ 転職エージェントはキャリアアップにつなげるので異業種への転職は難しい

管理職などを除いて、基本的には同業種でのステップアップとして利用します。

なので、未経験の業種への転職には向いていません。

採用する企業としては即戦力が欲しいですので、未経験の人を採用するなら経験者を採用しようとします。

 

4:【転職エージェント・メリット】自分の能力を年収に反映させられる

転職エージェントのメリットは、コチラになります!

転職エージェントのメリット
  • 自分のキャリアが活かせる
  • 転職に担当者が付く
  • 非公開求人がある
  • 給料が上がる

 ⑴ 今までの自分の仕事のキャリアを活かして転職ができる

転職エージェントの一番のメリットは、自分の能力を評価してもらえる企業に転職することができる点です。

今の会社の給料に不満がなければ転職しませんよね。逆に、自分の仕事内容と給料が見合っていない場合に転職します。

採用する側の企業にとっては、年収600万円でも欲しい人材が年収400万円で他企業にいるならすぐにでも獲得したいはず。

お互いの希望が一致するのが転職エージェントの魅力です。

 ⑵ 転職活動が初めてな人ほど転職エージェントの担当者を利用すべし

転職エージェントは文字通り代理人です。

あなたの代わりに、希望条件に合う転職先を探してくれます。

毎日仕事として転職活動をサポートしてますので、転職する側の気持ちも、採用する企業側の意見も理解しています。

どんなに優秀な人材であっても、転職技術がなければ安売りしてしまうのが現実です。

自分の職場に、「優秀なのにもったいないなぁ」って人はいると思います。

それが、あなた自身かもしれません。

そのような、もったいない状況を打破するには、専門家の転職エージェントに頼むのが一番です。

転職エージェントは採用する企業から報酬を受け取ります。ですので、お互いが満足する条件での成約を第一にしますので、自分だけで転職活動をするよりも確実性があります。

 

 ⑶ 非公開の求人から転職先を選べるのが転職エージェントの強み

世の中には、非公開の求人もたくさんあります。

人材を採用したい企業にとっては、転職エージェントに依頼することで、大量の人との面接しなくて済みます。

採用人数が1人なのに100人と面接するの効率が悪いですよね。

そこで、転職エージェントに予め条件に合った転職者を推薦してもらうことで、企業側にとっては採用経費を抑えることができます。

面接は最初から最終試験なようなものです。非公開であるぶんだけ実はライバルが少ない状況が作られているのです。

 

 ⑷ キャリアを活かすことで年収を上げることができる

転職で年収は大事な条件です

転職サイトで転職する場合、元々の給料が低くなければ、給料が下がってしまうケースが多いです。

しかし、転職エージェントの場合には、今の自分を欲してくれる企業が採用してくれるので、給料が上がる可能性が高いです。

給料以外の面でも福利厚生や会社の体質なので選択する部分はあります。

そのような自分が優先する条件は、転職エージェントと相談して転職先を決めることになります。

 

5:転職サイトと転職エージェントは年齢と業種別で使い分けるべき

 ⑴ フリーターや他業種への転職は転職サイトが使いやすい

転職サイトが向いている人はコチラに該当する人です。

  • 二次新卒
  • フリーター
  • 他業種への転職

 

特に就職して1年目2年目だと二次新卒扱いの企業も多いですので、転職サイトからでも十分魅力的な企業を選択できます。

また、他業種への転職を考える場合では、やはり求人の多さがプラスとなります。

未経験だとどうしても選択肢が狭くなってしまうので、求人広告が多い転職サイトを利用することが賢い方法です。

その中で、オススメしたい転職サイトのMIIDAS(ミイダス)です。

ミイダス

面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)!

ミイダスの特徴としては、無料で自分の市場価値をチェックできることです。

MIIDAS

しかも、自分の適性の職業まで診断してくれます。

MIIDAS診断

更に、企業側からオファーをしてくれるので、受け身でも転職活動ができるのがポイントとなります!

市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

 

 ⑵ 同じ業種での給料アップは転職エージェントに登録すべし

転職エージェントに登録するのが向いているのはコチラの方々です。

  •  20代後半以降
  •  同業種で転職をする人
  •  転職期限を決めている人
  •  給料を増やしたい人

 

特にポイントなるのが、転職する期限です。

転職期限と聞くとマイナスに感じますが、人は期限が無いといつまでも行動しません。

ある実験で、お店のスタンプカードを有効期限が決まっているポイントカード有効期限の無いポイントカードの2種類作成し、お客さんに配りました。

普通に考えれば、有効期限が無いポイントカードの方がお得なので、無期限のポイントカードをもらったお客さんの方がリピート数は多いはずです。

しかし、実験結果は逆でした。

有効期限のあるポイントカードを受け取ったお客さんの方が、リピート率が高い結果が出たのです。

「いつでもいいよ。」と言われると意外と行かないものです。「1週間限定!」の方が行く気持ちになりますよね。

転職しようとしている場合、「1か月以内に転職しよう!」と決めた方が上手くいくケースがあります。

条件を選ばずに転職するのはよくありませんが、転職エージェントであれば、条件を選びつつ、短い期間で転職することができるのです!

 

6:厳選した転職エージェント3選!

 ⑴ dodaは転職者満足度№1の実績がある転職エージェント

優良企業への転職情報ならdoda

CMでお馴染みのdoda

特に最近はYouTubeのCMで深田恭子をよく見かけますよね。

非公開求人の魅力には、転職先に大企業が含まれていることがあります。

就職活動時には学歴だけで判断され、採用試験を受けなかった会社にも転職することが可能に。

ちなみに、dodaはPERSOL(パーソル)の関連会社です。

PERSOLは2018年度から、プロ野球のパシフィック・リーグのオフィシャルスポンサーとなっています。

PERSOLホームページより引用

それだけ、実績と信頼性がある会社となっています!

dodaが転職のプロ厳選の求人を大公開!

 

 ⑵ マイナビエージェントは業種別に専用サイトがある

マイナビが運営しているマイナビエージェントは業種別に特設サイトがあります。

マイナビエージェント

大手・有名企業、首都圏のIT・営業職求人が豊富≪マイナビエージェント≫

マイナビエージェントの母体はリクルートです。

リクルートを就職活動時に利用した人は多いのではないでしょうか。

マイナビエージェントは、マイナビエージェント内でも業種別のサイト運営をしてます。

特に、医療系やエンジニア系は強いです。

更に、全国で展開するリクルートは地方にも求人を持っていますので、地方の方が転職エージェントを利用する場合に、選択肢となります!

就職も転職もマイナビで!

 

 ⑶ 手厚い転職サポートを受けながら転職するならパソナキャリア

2019年オリコン顧客満足度 転職エージェント 第1位 ご面談~入社後のフォローまでお任せください!あなたの転職手厚くサポートします!

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

パソナキャリアには4つの魅力があります。

求人企業数5万件以上の企業が登録
転職者数25万人以上の人を転職サポート
年収アップ率年収が67.1%も上昇
転職サポート履歴書から面接対策まで手厚いサポート

求人企業5万件は多いですが、5万件を自分ひとりで探すのは大変です。

しかし、パソナキャリアには転職サポートをしてくれるエージェントがいますので、5万件もの企業からあなたに合った企業をピックアップしてくれます。

転職エージェントで大切なのは、担当してくれるエージェントです。

25万人の実績の分だけ、信頼されている証拠です。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート
【パソナキャリア】

 

7:転職サイトと転職エージェントで迷うなら両方に登録するのもアリ

転職サイトと転職エージェントのどちらに登録しようか迷っている場合には、一旦両方に登録してみましょう。

転職サイトは登録しても、自ら動かなければそのままです。

転職エージェントは転職あっせんはあるかもしれません。ですが、転職エージェントに登録しても良い転職先が決まらないケースもありますので、実情を知るために登録することも必要です。

特別な転職エージェントでなければ、登録条件はありません。

最終的な決断は自分で行う必要があります。

しかし、決断をできる状態にするのもあなた次第ですので!

 

ご参考になれば幸いです!