公務員の待遇

世間とのギャップ!実は公務員の初任給は民間企業よりも低い

初任給

公務員の給料は高いと言われますが、初任給に限っては違います。

公務員の初任給は、民間企業よりも低いです。

民間企業の初任給は、最終学歴によって違いますが、公務員も同様。

国家公務員の場合、職員採用の種類は4つです。

公務員の採用枠
  1. 一般職(高卒)
  2. 一般職(大卒)
  3. 総合職(大卒)
  4. 総合職(院卒)

一般職と総合職の違いは、ノンキャリアキャリア採用の違いです。

普通の公務員を目指すなら、一般職を目指しましょう。

官僚を目指す場合には、総合職の給料を参考にしてください。

※公務員の初任給は、国家公務員の初任給の変遷(行政職俸給表(一))を参考にしています。

1:高卒公務員の一般職の初任給は148,600円

平成30年(2018年)採用、高卒公務員の一般職の初任給は148,600円です。

厚労省 H29初任給概要によると、平成29年の民間企業の高卒初任給は162,100円です。

公務員の初任給は、年々上昇しています。

(平成29年度は147,100円)

しかし、それでも公務員の初任給のほうが1万円以上低い金額となっています。

週5日勤務で、月22日働いた場合の時給は、872円です。

148,600円÷22日÷7.75時間≒872円

実際には手当等ありますが、基本給に関しては、アルバイトの時給と同程度の給料です。

 

2:大卒公務員の一般職の初任給は180,700円

平成30年(2018年)採用の大卒の一般職の初任給は180,700円です。

厚労省 H29初任給概要によると、平成29年の民間企業大卒初任給は206,100円です。

平成29年度の大卒公務員の初任給は、179,200円ですので、民間企業の方が26,900円高い初任給となっています。

180,700円を週5日勤務の時給で計算すると、1,060円です。

180,700円÷22日÷7.75時間≒1060円

地方のアルバイト時給よりも高いですが、そこまで大きな金額ではありません。

3:大卒公務員の総合職の初任給は185,200円

平成30年(2018年)採用の大卒の総合職の初任給は185,200円です。

民間企業では、キャリア採用は枠はありませんので、平成29年の民間企業の大卒初任給は206,100円です。

キャリア組は優秀な学生が選抜されるエリートです。

しかし、初任給は、キャリア採用であっても決して給与をもらってはいません。

185,200円÷22日÷7.75時間≒1,086円

残業は確実に発生しますので、実際に受ける金額はもっと多いです。

しかし、民間企業も残業はしますので、お金目当てでキャリア採用を受験するメリットはありません。

4:大学院卒公務員の総合職の初任給は211,500円

平成30年(2018年)採用の大学院卒の総合職の初任給は211,500円です。

厚労省 H29初任給概要によると、平成29年の民間企業の大学院修士課程修了の初任給は、233,400円です。

公務員も民間企業も大学院卒の学生の初任給が最も高いです。

しかし、官民の初任給の差が最も大きいのも、大学院卒の初任給です。

平成29年度の大学院卒の初任給

  • 公務員・・・210,400円
  • 民間・・・233,400円
  • 差額・・・23,000円

5:公務員の初任給は中小企業と比較しても低い

公務員の初任給は、中小企業に限定して比較しても低いです。

企業・学歴別初任給(平成29年/円)
高卒高専・短大卒大卒院卒
大企業164,000183,000211,000237,300
中企業160,700178,600202,500224,800
小企業162,300177,600199,600222,200
企業合計162,100179,200206,100233,400
公務員147,100179,200(1)185,200(2)210,400

(1)一般職の大卒初任給です。

(2)総合職の大卒初任給です。

行政職の公務員の初任給ですが、企業の規模に関係なく公務員の初任給が一番低いデータとなっています。

ちなみに、行政機関で働くアルバイトの時給は、高卒公務員の初任給を参考にしています。

公務員の給料が上がるのは嫌かも知れませんが、アルバイトをする場合にはプラスとなります。

アルバイト時給
地域格差!国や役所のアルバイト時給は公務員の初任給が基準となっている国や役所でするアルバイト時給は、公務員の初任給が基準です。 アルバイトの時給はお店の経営者が決めます。 アルバイト人材の奪い...

6:公務員の年収が高いのはボーナスが支給される分

公務員の年収が高いのは、ボーナスが支給されるからです。

初任給は就職した月の給料です。

初任給にボーナスは関係ありません。

民間企業は、会社によってボーナスの支給の有無は違います。

しかし、公務員の場合には、確実にボーナスが支給されます。

平成30年のボーナス支給額は4.45ヶ月分です。

ボーナスがなければ、初任給×12月が年収です。

しかし、公務員の場合、初任給×(12月+4.45月)が年収となります。

ボーナスの支給額も変動はありますが、16ヶ月分の給料をもらえば、年収の金額は多くなります。

それが、公務員の収入が多い理由です。

お金を持った人
実額公表!公務員のボーナスは月給4か月分以上支給される公務員のボーナスは、月給4か月分以上支給されます。 平成30年の国家公務員のボーナスは、月給の4.45か月分でした。 公...

7:公務員は毎年昇給するので給料が右肩上がり

公務員は毎年昇給しますので、給料は右肩上がりです。

勤務態度が著しく悪い場合は、昇給しませんが、普通に仕事をしていれば間違いなく給料は上がります。

若い年齢でも昇給で月1万円程度増加します。

年間で15~20万程度上がるので、10年間働けば、年収は150万円以上増える計算となります。

ちなみに私は、約300万円からスタートし、30歳時点で、年収500万円になりました。

給与明細表
【給与明細公開!】大卒と比べても高卒公務員の年収も待遇も悪くない!公務員に就職すれば、大卒も高卒も年収(給料)にそこまで差はありません。 正直、学歴格差が一番少ないのは公務員とすら思ったくらいです...

8:公務員でも職種によって給料の金額は違う

公務員でも、職種によって給料の金額は違います。

私が所属していた税務署は、一般職よりも給料が1割増しでした。

警察官は、危険手当など、基本給以外の収入が多いので、実際に支給される金額は更に多いです。

お金から逃げる人
現実的に就職できる公務員の職種で一番給料が高いのは警察官! 公務員の平均給与は高いです。 平成29年の国家公務員の平均月給は月額410,719円 ボーナスは4.5か月分ですので...

公務員の業種で、給料は違いますが、倍以上の差になることはありません。

また、公務員の給料は、民間企業の賃金を参考にしています。

高い給料が欲しい場合には、歩合制や給料が良い会社の就職試験を受けましょう。

公務員は仕事の対価としてはもらい過ぎかもしれません。

しかし、金額だけで考えると、そこまで高額な給料はもらっていません。

ご参考になれば幸いです!