自己紹介

税務署職員(国家公務員)に職場環境についての記事一覧

チェックリストにチェックをする

 

税務署の職場には、このようなイメージがあるかもしれません。

  •  9時5時勤務
  •  土日休み
  •  ボーナス満額
  •  給料ウハウハ
  •  脱税犯を捕まえる

私自身12年以上税務署職員として勤務しましたが、実際にはイメージと違うことが多かったです。

土日休みについては普通の税務署職員であればそうなのですが、国税局勤務になると休日出勤をする人も珍しくはありません。

そんな、労働環境や給料面、人間関係についての記事をまとめましたのでご覧ください!

 

1:税務署の労働環境と残業について

せっせと働く人
国税局・税務署は100時間残業をする部署もあるので注意が必要国税局・税務署の残業時間は、部署によっては100時間残業をします。 公務員は、朝9時から17時までの勤務時間のイメージはありますよ...

 

残業時間についてです。

部署によって違いますが、税務署であればそんなに残業はしません。

ただし、飲み会は相当多いです。

部外者との飲み会はありませんが、上司を実質的に接待する飲み会は嫌というほどあります。

誰もが無益なのは知っていますが、飲み会を有益に利用する人が出世するのでこの波を止める人はいないでしょう。

 

2:税務署のキャリア・ノンキャリアの出世について

キャリア採用のエリート
【税務職員】キャリア・ノンキャリア採用の時点で出世は決まる キャリアとノンキャリアの違いはわかりますでしょうか。 キャリア採用・・・東大卒レベルの超エリート ノンキャリア採...

 

公務員ではキャリア・ノンキャリアで区分されます。

ですが、キャリア・ノンキャリアは、高卒と大卒の違いではありません。

キャリア

・ 大卒、大学院卒

ノンキャリア

・ 高卒、大卒

大卒の中でも総合職がキャリア組となり、国税専門官はノンキャリア組となります。

ノンキャリアの高卒・大卒だと大卒の方が出世は早いです。

しかし、高卒(税務職員)採用の方が年齢的に先に職場にいますので、年齢換算するとほとんど出世の差が無いのが現状です。

 

3:税務署職員の給料のリアル(実額公開)

給与明細表
【給与明細公開!】大卒と比べても高卒公務員の給料も待遇も悪くない!大卒と比べても、高卒公務員の給料も待遇も悪くありません。 私は、12年以上、高卒で国家公務員である税務署に勤務していました。 ...

 

私が退職するまでの給料を公開しています。

30歳で退職したのでそれ以後はありませんが、公務員は30歳半ばからは給料の上昇率がアップします。

また、出世によっても給料に違いが出るのが30歳。

私が退職する時点で私と出世した同期では給料が違いましたので。

 

4:税務署職員のボーナスのリアル(実額公開)

お金を持った人
実額公表!公務員のボーナスは月給4か月分以上支給される公務員のボーナスは、月給4か月分以上支給されます。 平成30年の国家公務員のボーナスは、月給の4.45か月分でした。 公...

 

私の実際に受け取ったボーナスを公開しています。

メディアに公表されている公務員ボーナスの金額は、錯覚です。

公務員の平均年齢は43~44歳くらいなのですが、40歳以上の職員のボーナスが平均値を大きく上昇させています。

ですので、若手職員は公表されている数字ほどボーナスを受け取っていはいません。

 

5:税務署職員の退職金のリアル(実額公開)

昇進速度
公務員の退職金にキャリアと勤務年数は大きく影響する【明細公開】 公務員の退職金には、キャリアと勤務年数が大きく影響します! 私は高卒の元税務署職員でした。 税務署職員としての勤務歴...

 

私の退職金の金額を公表しています。

税務署の退職金は、退職時の給料と勤務年数で露骨に金額が変わってきます。

特に勤務年数が10年未満で退職した職員の給料はかなり少ないです。

逆に、定年まで勤務した方が圧倒的に退職金の金額がプラスになるので、退職金のために公務員を辞めない人も現場では多いです。

 

6:税務署体験記(10年以上の職員歴史)

未来予測をする地図
税務職員に採用されたら覚悟するのは1年間の研修【税務署職員歴史1】 税務職員は高卒採用です。 6月に受験申し込みがあり、採用一次試験は9月となります。 無事、税務職員として採用された場...

私の税務署で体験したことをシリーズ化しています。

残念ながら、私の税務署時代で満足して働いた期間はほとんどありませんでした。

特に最初に直属の先輩となった人が相性最悪だったのが、悔やまれます・・・

それを反面教師にしたので、後輩には割と評判がよかったと思っています(笑)

全8回とボリュームがありますが、税務署職員を目指す方はご一読ください。

税務署の職場が最悪とは思いません。

しかし、私のように職場環境が合わない人はいます。

お読みいただき、イメージとの食い違いが少しでも減らせればと思います。

 

ご参考になれば幸いです!