変わった発想

ウソかホントか!いつも悩んでいる人ほど暇な時間を過ごしている

いつも悩んでいる人

いつも悩んでいる人ほど、暇な時間を過ごしています。

悩んでいる人を非難するわけではありません。

暇があることも全く問題ないです。

問題なのは、毎日忙しくて悩むこともできない人。

ブラック企業に勤めている人をみれば、悩みを解決する暇がないのは、一目瞭然です。

1:毎日忙しい人は考える時間すらない

毎日に忙しい人は、考える時間すらありません。

ブラック企業で働いている人を、例にとりましょう。

始発で出勤、自宅に帰るのは終電。

睡眠時間は4時間から5時間。

週一の休日は、昼間に起床、洗濯だけで終わってしまう。

こんな生活で、一番欲しいのは、睡眠です。

生きるために必要な行動は、無意識に行います。

逆に、将来については考えないと解決しない問題です。

しかし、考える暇がないと、将来についても考えらせません。

となると、ブラック企業からの転職を考えるタイミングは、いつまでも無いのです。

2:悩む時間が多い人は『悩むこと』だけをしている

悩む時間が多い人は、『悩むこと』だけをしています。

悩む時間は多いですが、悩みを解決する行動は極端に少ないです。

私は、超が付くほど神経症の傾向が強い人間です。

普段から、些細な出来事でも何時間も悩んでしまいます。

(本人は面白くないですが)面白いことに、同じことで何度も悩みます。

本気で解決したいのなら、解決策を取ればいいだけです。

お腹が減っていれば、無意識に食べ物を探しますよね。

ですが、悩みの場合には、無意識に解決策は取りません。

不思議ですよね。

悩むことは決して、心地よい状態ではないのに。

それくらい意識的に解決しようとしないと、悩みが解決することはありません。

3:悩みたくないなら没頭できる作業を見つける

悩みたくないなら、没頭できる作業を見つけましょう。

ブラック企業は極端ですが、忙しい生活は悩む暇がありません。

逆に、普段の生活に余裕があると、悩む暇が出てきてしまいます。

人は、何もできない状態を維持できません。

物が無い空間に閉じ込められると、数時間で気が狂ってしまった実験結果もあります。

となると、「何もしない」を避けるためには考えることをしてしまいます。

考えるのに一番最適なのは、悩みについてです。

普段から興味関心を持つのは難しいですので、ジグソーパズルでもいいので手を動かしていると考えることをしなくて済みます。

4:不安を無くすには自分を整えるのが最初

不安を無くすには、自分を整えるのが最初です。

不安に追い込まれている時ほど、正常な判断はできません。

些細な出来事でも、精神状態が不安定なら大事件のように感じてしまいます。

精神状態を安定させるに、簡単な方法は瞑想です。

瞑想は、電車の中や自宅でもできます。

昼休みの休憩時間でもOKです。

5:瞑想することがバカにできないのは瞑想すればわかる

集中力を高める場合や、心配性を軽減するに瞑想は効果があります。

瞑想といっても、スピリチュアルなイメージがありますよね。

しかし、瞑想することがバカにできないのは、瞑想すればわかります。

理由の一つは、科学的に瞑想の効果が立証されていることです。

もう一つは、5分も瞑想することができないからです。

瞑想の方法は簡単です。

目を閉じ、背筋を伸ばす。

意識は呼吸だけに集中させます。

鼻から吸った呼吸の温度や風圧を感じ、身体に酸素が行きわたるのを想像し、そしてゆっくり吐き出します。

息を吸う時間よりも吐く時間を長くすると、よりリラックスできます。

※息を吐く行為は副交感神経を刺激します

瞑想は、誰にでもできる行為です。

しかし、5分続けることができません。

なぜなら、5分間瞑想できないくらいに集中力が無いからです。

ウソだと思う人は、1回5分だけ挑戦してください。

1分のしないうちに、「5分くらいなら出来そう」と止めますので。

それが、集中力が無い証拠です。

6:頭の中だけで悩みを解決できるのは一流の人だけ

頭の中だけで悩みを解決できるのは、一流の人だけです。

普通の人は、頭の中だけで考えると、思考が堂々巡りをしていまします。

頭の中を整理するには、一旦外に吐き出しましょう。

簡単なのは日記です。

毎日の日記は、気持ちを言葉として表現するトレーニングです。

モヤモヤした気持ちを言葉に表すのは、難しいです。

しかし、日々の出来事を日記を書いていると、自分の気持ちを表現できるようになります。

また、日記を書くと、自分の考えが整理できるので、余計な不安が減少します。

7:漠然とした不安はハッキリとした不安に変換する

漠然とした不安は、ハッキリとした不安に変換しましょう。

悩みの正体は、漠然とした不安です。

太宰治が自らの命を絶ったのは、将来へのぼんやりとした不安からでした。

なので、漠然とした不安した不安をそのままにすると危険です。

なので、不安は明確にしましょう。

  • 瞑想で心を落ち着かせる
  • 普段から日記で感情を言葉にする
  • 悩んだら紙に書きだして整理をする

これらを行うと、悩みが具体化します。

具体化した不安は、行動に移せば解消されます。

そうすれば、不安に悩むことも減ってきますので!

ご参考になれば幸いです!