趣味・ハマったもの

車の下敷きになっても壊れないサポーターを使用してみた

手首のサポーター

 

たこさん
たこさん
車に轢かれても大丈夫なサポーターって嘘だろ!

 

普通そう思いますよね。

 

私もそう思いますし、そもそもそんなサポーターを注文しませんでした。

ですが、私の手元に届く時には既に車に轢かれ終わった状態でした。

 

封筒

事の経緯はこちら、

 

ぶたくん
ぶたくん
まぁ、そんな日もあるだろう・・・

 

もう少し、詳細な話をしますと、当初配達予定だったドライバーさんが荷物を道路に落としたらしいのですが、当日それに気づかなかったとのこと。

なので紛失しているとは思わずその日は配達せずに終了。

(その日到着で待っていたんですけどね…)

そんなことも知らない別のドライバーさんが荷物を運んでいると道端になんとその運送会社のシールが貼られた荷物が。

それはおかしいと見てみると昨日見つかんなかった私の荷物が。

そしてその日に荷物を発見した人が配達しに来ました。

そのドライバーさんが悪いわけではありませんが、謝罪と申し訳なさそうにしていました。

破損してたら交換してもらうつもりでしたが、見た感じ商品のサポーターには破損は無かったのでそのまま受け取りました。

 

実際に届けられた封筒はこんな感じでした。

封筒

中の袋も車に踏まれているためボロボロ。

包装袋

 

そんな状況にもかかわらず全く破損していなかった商品がこちらです。

 

 

左右用にそれぞれ1枚入っており、男女兼用です。

シリコンサポーター

 

通常のサポーターは布や器具が付属していますが、今回購入したのはシリコン素材。

それが幸いして、車に踏まれても無事でした。

包装はボロボロなのは気持ち的に残念でしたが(;^ω^)

一番嫌だったのは住所名前の記載された荷物が一日中、野ざらしにされた状態で道端に存在し、それなのに直ぐに連絡もせず、見つけたドライバーさんに持参させて謝罪させるのには遺憾の意を表明したいのですが、それはグッと我慢したのは内緒。

 

まぁ不運もありましたが、それもまた何かの運命です。

商品を踏まれていなかった紹介する気にもならなかったかもしれませんので。

ですので、車に踏まれても大丈夫だった手首(親指)サポーターをご紹介していきます!

 

 

1:シリコン製は水仕事を装着したまま可能に

購入したキッカケなのですが、毎日パソコン作業していく中で、完全に手首が腱鞘炎になりました。

手首は古傷で痛むのは覚悟していたのですが、親指も痛くなってきたので、手首兼親指サポーターが必要となり購入に至りました。

サポーターをしている手

こちらのサポーターなのですがシリコン製です。

ですので、着用したまま水仕事をすることが可能。

トイレや水仕事をする際にイチイチサポーターを外すのは面倒ですよね。

また、テーピングだと水が染込んでしまうので不衛生に感じてしまいます。

ですが、シリコン製であれば水洗いも装着したままでOK。

更に、密着性が強いので中に水が入り込む心配が無いのもポイントです。

~~追記~~

水作業をすると、手の平の部分から水が入り込むことがありました。

 

2:伸縮性が強いので誰でも装着可能

商品が手元に届いた際、どのように装着すればいいかわかりませんでした。

シリコンサポーター

着用する時は「キツイかな」と思ったのですが、かなりの伸縮性がありました。

私の身長は178㎝で手の大きさも一般男性よりもやや大きいですが、それでもサイズ感は問題ありませんでした。

装着後のサポーター

もちろん元が小さく、男女兼用で作られているので、女性が装着しても大丈夫です。

 

~~着用1週間後の追記~~

装着する時はやはり少し面倒です。

イメージとしてはぴっちりしたゴム手袋を装着するような感覚です。

1分も掛かりませんが、1日に何度も付け外しをするのは面倒に感じるかもしれません。

 

3:親指が外に引っ張られる感覚がある

今回購入したサポーターは手首と親指のサポーターです。

この記事は作成している時、こちらのサポーターを装着したまま書きました。

 

使用感としては、親指がやや外側に引っ張られる感覚があります。

イメージとしては親指が真っすぐになるような感じで、親指を曲げる時にやや力が入ります。

テーピングで固めるよりも強度は弱く、布のサポーターを装着するよりも固定されている装着感はあります。

 

D&M ウールサポーター 手のひら用 オフホワイト M #390M

(このような毛織物のサポーターよりも固定されます)

 

着用している時に不自由は何もしません。

親指も普通に動かすことができます。

ただ、パソコン作業など細かい作業を行う時は親指に力を入れるので少し慣れが必要になるかと感じました。

実際キーボードの打ち間違えは通常時よりも発生しますし、感覚的な違和感も存在します。

(親指以外の指を動かす時も少し影響が出ます)

ですが、サポーターをしている場合にはその程度の違和感はありますし、あまり自由に動かせてもサポーターの意味を成しません。

なので、そこは実用性を取るか、保護を取るかの好みかなと。

 

手首に関しては全く問題ありません。

適度に固定されていますし、シリコン製なので素材が柔らかく装着して直ぐに違和感は感じなくなります。

装着していると親指も手首も腱鞘炎の痛みが軽減されているのでサポーターとしても役割は十分果たせています。

また、特に装着してキツイ感じもしませんので意外とシリコン製はいいかもしれません。

 

4:2枚入っており値段的にも購入した価値はあった

今回購入したサポーターですが、定価は2,980円です。

ぶたちゃん
ぶたちゃん
ちょっと高いかも

 

と思いましたが、Amazonで私が購入した時は598円でした。

しかも2枚で598円!

1枚あたり、なんと299円!!

安い(*´ω`*)

 

2,980円だったなら買うのを躊躇しました。

ですが、1枚1000円以内であれば、再度購入する価値はあると思った商品です。

実際に使用してみましたが、使用感にも満足していますし、値段にも満足しました。

 

ただ、色合いがベージュっぽいので、自宅で装着する分には問題ないですが、外出する時は人によっては少し気になるかもしれません。

シリコン製の黒は見たことがありませんので、外見が気になる方は通常の黒のサポーターを購入することをオススメします。

 

 

ですが、伸縮性が抜群で、中指から手首まで21㎝くらいありますが、大きさに問題ありませんので!

サポーターを着用した手

 

ご参考になれば幸いです!