職場の人間関係

スーツ嫌いを好きに変える!仕事でオーダースーツを着ないと損をする

SUITの店

仕事でオーダースーツを着ないと損をします。

仕事で普段着るスーツだからこそ、嫌いになる分だけ損をしています。

私は、税務署時代は必ずスーツ着用でした。

「自営業になってスーツを着なくていいのが本当に嬉しい」との声もありますが、私はスーツが着れなくなったのが結構残念です。

あまりに着用したくなったので、カフェにスーツを着用して出掛けたくらいです(笑)

(今はコワーキングスペースにスーツで出掛けています!)

朝の貴重な時間にワイシャツを着てネクタイを締め背広を羽織る

正直、スーツを着る時間は無駄です。

スーツ着終わった後も、ワイシャツをアイロンがけをし、スーツもハンガーにかけなければシワになっています。

スーツは、この上なく面倒です。

 

機能性から見れば、スティーブ・ジョブズのように、毎日無地のシャツにジーパンで十分です。

しかし、不便なのにスーツを仕事着として着ているのには、理由があります。

現実問題として、スーツ着用の職場でスーツが廃止になることが考えられません。

それでしたら、スーツを嫌いなままでいるのはもったいないです。

嫌いな服を着るよりか、スーツを好きになった方が絶対にプラスになります。

スーツが好きになれば毎日スーツを着用するのが楽しみになります。

嫌いから好きになるのに、デメリットはありません!

 

1:洋服の中でスーツ姿が最も美しく見える服装

suit

洋服の中で、スーツ姿が最も美しく見える服装です。

男性の一番カッコイイ姿を思い浮かべてください。

思い浮かべた人は、ビシッと決まったスーツを着ていませんか

オシャレを出すのであれば洋服のトレンドを意識する必要があるかもしれません。

でもカッコイイ服装はスーツの右に出るものはないのです。

私が尊敬する人にメンズファッションバイヤーMBさんがいます。

ファッションバイヤーMBのメルマガは評判以上に為になる情報ばかり ※ 『ユニばれ』・・・ユニクロの服だとバレること。ユニクロ嫌いのオシャレ...

MBさん曰く、スーツをカッコよく着るのは簡単であるとのこと。

MBさんの著書である『世界一簡単なスーツ選びの法則』の作中には「スーツは80点で十分」だと書いてあります。

世界一簡単なスーツ選びの法則/MB【1000円以上送料無料】

created by Rinker

 

ファッションは季節によっても、トレンドによってもオシャレは変わります。

去年「オシャレ!」と言われていた服装が今年同じ服装をしていると「古い!」と言われる可能性すらある世界です。

(極端ですが)

しかし、スーツにはトレンドは存在しません。

もちろんスタンダードなものからイレギュラーなスーツまで種類はありますが、「今年はこのスーツがトレンド」とはならないもの。

流石に90年代の肩パットが入ったスーツは「??」と思われますが、5年単位でダサく見られることはまず考えられません。

つまり、1着自分に合ったスーツがあれば、それだけでカッコよくなれるのです!

 



2:「スーツを着たい!」と思うだけで仕事のモチベーションが上がる

スーツを着たい!」と思うだけで、仕事のモチベーションが上がります。

お店で洋服を購入したときは、誰だって「今すぐ着たい!」って思いますよね。

靴であれば、その場で履き替えることもあるかもしれません。

(私は履き替えます)

本来は、スーツにも当てはまります。

仕立てたスーツはカッコいいですので。

しかし、スーツにこだわりを持つ人が少ないです。

スーツは確かに仕事上での『作業着』との考えもありますが、ほとんどの会社でスーツは支給されません。

基本的にスーツは自費で購入します。

せっかく購入したスーツを「あぁ、余計な出費だった」なんて思ったら、二重にもったいないです。

  • 自分の好みのスーツを
  • 思い切って買ってみる

スーツの場合、仕事帰りに購入することはありません。

殆どが休日にスーツを購入します。

もし、スーツ好きな人が日曜日にスーツを買えば、「早く明日にならないかな」とワクワクします。

つまり、それは月曜日(平日)の到来を願うことです。

苦痛な日曜日の夕方が、明日の遠足を楽しみにする子どもの様な感覚で待つことが出来るのです!

仕事は大変だけどスーツを早く着たい

 

そんな気持ちになれたら、キツイ仕事でも一段階頑張れますよね。

決して変わったことはしていません。

ただ、スーツを好きになるだけで変わるのです!

 

3:オーダースーツは高いは古い考え方になっている

採寸

オーダースーツが高いは、もう古い考え方です。

スーツは確かに高額の衣服です。

1万円以下のスーツなんて殆どありませんし、訳あり商品であることに間違いはありません。

しかも、1万円以下のスーツは訳ありであるが故に「こんなものか」と満足度が上がることはありません。

せっかく何万円もお金を払うなら、自分の満足できるスーツを購入した方が絶対にプラスです。

そこでオススメしたのが『オーダースーツ』です!

オーダースーツと聞くと「何十万円もするじゃん」と思われるかもしれません。

ですが、それはもう過去の話。

最近のオーダースーツは、2万円代から購入できるスーツあります。

既製品のスーツであっても、実はコストは掛かっています。

スーツ自体が、元々多くの種類の体型に合わせて製造しているので、実はそれほどコストアップには繋がりません。

逆に、既製品のスーツは在庫管理が必要となりますので、在庫リストのコストも値段に上乗せされます。

しかし、オーダースーツは1着ごとに制作されるので在庫リスクのコスト削減することができるのでそれほど高額にはならないのです!

 ⑴ 高額オーダースーツはごく一部だけ

高額のオーダースーツはごく一部だけです。

何十万円とするスーツは存在します。

しかし、何十万するスーツはブランド品ばかり。

ブランド品であればオーダーであっても無くても変わりありません。高いです。

一般化されつつあるオーダースーツは1着29800円から作れるオーダースーツも存在します。

「29800円!」と聞いたら普通高いと感じますよね。

でも、一度紳士服売り場のスーツを見てください。

値段は殆ど変わりません。

むしろオーダースーツの方が安い場合もあります。

 ⑵ スーツの原価は既製品でもかなり低い

スーツの原価は、既製品でもかなりい低いです。

紳士服の量販店の広告で、こんな見出しを見たことはありませんでしょうか。

『1着目は49800円、2着目はなんと1000円!』

たこさん
たこさん
2着目1000円なら絶対2着買った方が得じゃん!

 

事実、2着買った方がお店側もお客側も絶対に得です。

ですがその反面、なんで1着目をもっと安くできないのかなと思いませんか。

紳士服の量販店においては店舗や人件費もさることならが、色んなバリュエーションのサイズのスーツがあります。

スーツのサイズにはでこんな記号があります。

YA7、A4、AB4、B5

これの記号は全てスーツの種類です。

会社によって表記に違いはありますが、少なくても20種類以上のサイズはあります。

洋服なら基本はS、M、L、Xの4パターンのみです。

しかし、スーツはその5倍も種類を作っていますので当然在庫リスクは抱えなければいけません。

  • 種類が多ければ在庫も残る、在庫が多ければ倉庫も必要
  • 倉庫広ければコストもかかる、コストが掛かれば値段も上がる

それらの費用は全て1着目の値段含まれています。

なので、1着目のスーツの金額は高いのです!

 ⑶ オーダースーツは1着1着作るので在庫コストがない

オーダースーツは、1着1着作るので在庫コストがありません。

オーダースーツは、採寸をしてから作りはじめます。

当然1着づつの作成にはコストは掛かりますが、反面スーツとしての在庫はゼロです。

また、店舗を構えていたとしても店舗自体にスーツを管理する必要は無いので店舗の広さも必要ありません。

故に手間暇のコストを相殺することが可能であり、価格を安く抑えられるのです。

 

4:オーダースーツはネット型・店舗型両方ある

通販サイトのZOZOもZOZOスーツを活用したスーツを開始していますが、まだまだ精度を上げている段階です。

(ZOZOスーツ無くなるみたいですが・・・)

それならば既存のスーツ屋に一日の長があります。

 

オーダースーツにも店舗型完全ネット型の種類があります。

あまり値段の差は無いため、採寸に不安があれば店舗型時間とコストを抑えたい場合にはネット型を選択すればいいと思います。

  •  採寸に不安なら店舗型
  •  時間のコストを抑えたいならネット型
  •  店舗型とネット型に値段に大差はない

 

 ⑴ ネット型のオーダースーツ店 【Suit Ya】

SUITYA

オーダースーツ・シャツをネットで注文|高品質・サイズ保証【Suit ya】

ネットでのオーダースーツの大手である『Suit ya

名前の通りスーツに特化しています。

注文は順番に選んでいくので非常に分かり易く、また定番の表記もあるので困ったらベーシックなスーツを作成することもできます。

ボタン選び⇓

スーツ

 

裏生地の選択画面⇓

スーツや

ネット注文の場合に一番困るのがサイズですが、Suit yaは3つ採寸方法から選択することが出来ます。

採寸

『お気に入り採寸』と『採寸代行』はそのままですが、『自己オート採寸』が特徴的です。

自分で各部位を計測する方法もありますが、自分の希望のスタイルと身長・体重から自動でサイズを示してくれます。

その中でフィットスリム・レギュラー・ゆったりから選ぶ事ができるので、これだけでも既存の量販店の既製品よりも精度が高いスーツを作成が可能です。

 

オーダースーツがすべて29800円 -ジャストサイズ保証で安心

 

 

 ⑵ 店舗型のオーダースーツ店 【SADA】

SADA【オーダースーツ佐田】

全国で48店舗を構える大手のオーダースーツ店の『SADA』

特出すべきはスポンサーとなっているプロスポーツの多さ

など他にも多数のプロチームとスポンサー契約をしている実績があります。

また、今なら初回の方は1回19,800円からスーツを作ることも可能!

19,800円なら量販店のよりも安い(笑)

 

【当店を初めてご利用のお客様限定価格!19,800円!


『SADA』もネットでの販売もしています。

ですので、1着目は店舗で計測をして2回目からはネット注文するのが賢いやり方かもしれません。

 

因みに、私は店舗でオーダースーツを購入しました

私が実際に購入したお店を紹介したいのですが、地元の個人店ですので紹介ができません・・・

ですが、個人でもオーダースーツ店を開いているお店もありますので、是非探してみてください!

5:社会人の9割はスーツを意識してないから少しの工夫でカッコよくなる

社会人の9割は、スーツを意識していません。

なので、少しの工夫でカッコよく見えます。

職場で周囲を見回してください。自分の身丈にあったスーツを着ている人はいますでしょうか。

どんなに高級品でもサイズが合わなかったら着せられている感があります。

 

俺は太ってるからスーツはなんでもいいや

なんて考えが一番間違っています!

 

体型に自信のない人ほどスーツは自分の身体に合った物を選択しましょう。

 

身体にあったスーツはカッコいいです。

少しお腹の出た社長が威厳があるのは自分の身体にあったスーツを着ているからです。

自分の身体に合ったスーツであれば少し出たお腹も落ち着きの表れに見えます。

現状はまだスーツ姿を気にしていない人がほとんどで、今がチャンスです。

誰もがオーダースーツを着用していれば差は出ませんが、ほとんどの人オーダースーツを着ていない今だからこそより効果が表れます

スーツにはトレンドはありません

1回購入すれば3年は着ることができます。

考えてみてください、

普段の生活で一番長い時間着ている服はスーツです。

一番着ている服にお金を出すことは何もおかしな話ではありません。

 

シーズンに10回着るために1万円を払う

OR

500回着るために3万円払う

 

どちらがコスパがいいでしょうか。

私ならスーツを選びます。

1度でいいのでオーダースーツを着てみてください。

絶対に職場での評判は良くなります。

ですが、それは実際に着用してみないと体験できない感覚です。

次回のスーツの買い替えの際はオーダースーツはいかがでしょうか。

 

ご参考になれば幸いです!