変わった発想

危機感はチャンス!心配性の性格な人ほどすぐに行動に移せる方法

心配性な性格

危機感はチャンスです。

心配性の性格な人ほど、すぐに行動できるタイミングです。

行動を実行するのは勇気が必要です。

言葉で行動しろと言うのは容易いですが、それで行動出来たら苦労しません。

しかし、無意識に行動できてしまう方法があります。

それが、危機感を感じることです。

具体的な説明は、続きをご覧ください。

1:行動できない一番の原因はやれば行動できると思っている気持ち

行動できない一番の原因は、やれば行動できると思っている気持ちです。

世の中の2,3割の人は、考えるよりも先に行動できる人です。

残りの7割の人は、すぐには行動できない人達です。

たこさん
たこさん
行動できないのは、自分の意志が弱いからだ!

そのような考えは、失敗を起こします。

なぜなら、毎回行動するために意志力を使うのは、不可能だからです。

毎日お弁当の献立を考えるのは、大変です。

365日、1年間すべて違う料理を作る人はいません。

ほとんどの人は、一定のルールに基づいて献立を決めます。

  • 月曜日は魚の日
  • 火曜日は肉の日
  • 水曜日は和食の日
  • 月に1回は餃子の日

ルールを作るのは、考える力の消費を抑えるためです。

献立を考える場合、一定の法則を作れば、考える時間を減らせます。

まずは、行動には意志力を消費することを自覚しましょう。

2:危機感があると考えないで行動するようになる

危機感があると、考えないで行動するようになります。

熱いヤカンを触った時に、「このまま触ってたら火傷するから手を放そう」なんて、のんきに考える人はいません。

熱っ」と、反射的に無意識に手を放します。

日常の危機感も、熱いヤカンに触ったような反応があります。


先日、初めてスパムメールを経験しました。

スパムメールが来るサイトは、ある程度有名なサイトだけだと思っていたので、ビビりました。

動揺しつつも、ウィルス感染などがあったらマズいですので、直ぐに対策をすることに。

  • メールを確認
  • パスワードの変更
  • 現状のリスクをチェック
  • セキュリティの強化

場所や時間は、関係ありません。

「ヤバい」と思った感覚が、無意識に行動を実行させました。

つまり、危険な状態であれば、人は勝手に行動してしまうのです。

3:人間は本能的に行動しない生き物

人間は、本能的に行動しない生き物です。

人も大昔は、自然の中で暮らしていました。

今でこそ、人間が動物に負けることはありませんが、武器もない時代には人間が弱者側であったのは間違いありません。

当然襲われれば死が待っています。

生存を第一に考えれば、安全な場所で生活するのが賢い選択です。

しかし、好奇心旺盛な人がいたらどうでしょうか。

安全地帯の外に行動を広げてしまいます。

もちろん、オアシスが待っている場合もあります。

ただ、ライオンの巣に行ってしまえば生きて帰ることはできません。

好奇心旺盛な人ほど命を落としたことでしょう。

となると、安全地帯で暮らした方が、確実に生き抜くことができます。

心配性な性格は祖先から、受け継がれたものです。

遺伝子に、逆らうことはできません。

行動しない性格は、危険な場面に遭遇しないための、生存戦略です。

安全な場所で暮らしたい気持ちは、元々備わっているのです。

4:神経症の傾向が強い人ほど危機感を利用できる

神経症の傾向が強い人ほど、危機感を利用することができます。

自分の性格診断は、3分で診断できます。

私は、神経症です。

性格診断テストでは1~5までの評価で、4.5と高水準の神経症でした

私の一例としては、物音がしただけで「あの人怒っているのかな」って勝手に推測するくらい妄想がすごいです。

(大半は、怒っていません)

神経症には、マイナスの性格に見えてしまいます。

しかし、神経症な性格はマイナスではありません。

敏感に反応する性格は、すぐに危機感を感じます。

危機感を行動スイッチとすれば、常に行動できる装置が備わっていると同じ状態なのです。

なかなか行動できない人も、危機感を感じれば無意識に行動します。

無意識であれば、行動できない心配は無くなります。

5:危機感の反動は日記を書くことで解消する

危機感の反動は、日記を書くことで解消できます。

毎日毎日、危機感に襲われれば疲れます。

神経症の傾向が強いほど、疲れが精神的にくるのは、私も経験済みです。

「これが毎日続くのかな」と不安になると、寝つきも悪くなります。

寝不足は酔っ払いと同じくらい思考停止状態です。

頭が回らなければ、仕事に支障が出ますので、マイナス思考の悪循環に陥ります。

しかし、悪循環を解決するには、日記が一番です。

日記を書く場合、『エクスプレッシブ・ライティング』を利用します。

エクスプレッシブ・ライティングとは、感情を紙に書きだして気持ちを整理する方法です。

不安になるのは、モヤモヤが頭の中に残っている状態。モヤモヤを解消すれば不安も軽減できます。

オススメの日記の付け方は、メンタリストDaiGoさんが推奨する4行日記です。

感情を吐き出す4行日記
  • その日のネガティブな出来事を1行書く
  • その日のポジティブな出来事を3行書く
  • 日記を書くのは寝る前
  • 5分から10分の間でまとめること

人はネガティブな感情に流されます。

ネガティブとポジティブが1:1だと、ネガティブな感情が必ず勝ちます。

ポジティブを植え付けるには、ポジティブ情報を3倍にして、その日の出来事をポジティブにまとめます。

  1. 最初にネガティブな出来事を書きだし、不安を整理する
  2. 次にポジティブな出来事を3つ書き、感情の上書きをする
  3. ポジティブの余韻に浸りながら、書いた後はすぐに就寝

終わり良ければ、すべて良し』との、ことわざがあります。

どんなに悪い出来事でも、終わりが良ければポジティブな印象を持ちます。

寝る前に、一日をポジティブにまとめることで、感情をリセットし、次の日の行動に移せるのです。

ご参考になれば幸いです!