職場の人間関係

自分の個性を魅力的に見せる方法

笑顔

 

「個性ってなんやねん!」

 

個人の魅力を表現する際に『個性』って言葉を使用しますが、何が個性かってよくわかりませんよね。

 

抽象的な表現ですが、個性とはその人にしかない魅力

私はこれがしっくりきます。

 

「自分は個性がないから」と気落ちする人もいるかもしれませんが、そんなことはありません!

 

個性は他人から見てどう見えるかなのであって、自分では認識していないものが凄い個性だったりします。

私は好きな食べ物はナン豆腐(調味料無)なのですが、それを後輩に伝えると変人(個性)扱いされました(笑)

自分では普通だと思っていたのですが(;^ω^)

 

私のことはさてき、実際に他人に対して魅力的に見せる方法はいくつもあります。

上司であったり、

部下であったり、

異性にも使えます!

 

そんな魅力的な方法についてご説明していきますのでご覧くださいませ~

 

1 「美しすぎる○○」は最強の表現方法

美人

 ⑴ 該当者を絞りその中で1番になる

・ 美しすぎる体操選手

・ 美しすぎる市議会議員

・ 美しすぎる書道家

etc…

 

ここ数年で『美しすぎる〇〇』という表現が一気に流行しましたね。

失礼な話ですが、『美しすぎる○○』と表現される人はどなたも美しいですが、モデルや女優の方々と比較すると決して美しすぎるわけではありません

 

でも、美人代表として並み居る女優を差し置いて美人代表のの一人としています。

 

これは、女性全体でではなく、体操選手、市議会議員、書道家などのカテゴリーの中で一番美しいからです。

 

鯛の尾より鰯の頭ではありませんが、女優の中で埋もれる美人よりも、そのカテゴリーの中で一番になる方が相対的に魅力的に見えます。

 

会社や学校でもそうではないでしょうか

 

20代の男性女性の合コンや街コンではそこまで人気にならないけども、会社の中で一番であれば、不思議と魅力的に感じる。

こんな経験はないでしょうか。

 

つまり、評価とは比較対象との対比であり、小さいカテゴリーであってもその中で一番になれば相対的に魅力度はアップするのです!

 

 ⑵ 3つのフィルターで唯一無二の人間になる

具体的にどのように魅力度を上げるかですが、3つのフィルターを通すことで魅力度を引き出すことが可能です!

 

美しすぎる市議会議員は、

男性が圧倒的に多い議員の中で女性であり

高齢者しかいない議員の中で若く

外見が重視されない議員の中で秀でてキレイであった

 

市議会議員でこの3つフィルターを通過できる人は数少ないです。

 

人が価値を高める一つとして希少性があります。

美しすぎる市議会はこの3つのフィルター全てを通り抜けた希少性があるからこそ、『美しすぎる』と評されるのです。

 

今度は、私の元職場である税務署で例えてみます。

税務署での使えるフィルターとしては、

  •  年齢
  •  職員
  •  同じ部署

 

この3つを使うことができます。

年齢

当たり前だと思われますが、年齢も魅力を高めるフィルターになります。

中学、高校時代を思い出してください。

一つ上、一つ下の先輩・後輩は違ったジャンルとして見られていたはずです。

同級生で付き合うことはあっても、年上、年下と付き合うのでは魅力が異なりました。

職場でもそうです。

例えば、年齢が高い職場であれば、30代であっても「若い人」としてチヤホヤされます。

でも、30代が多い職場ならそんなことはありませんよね。

税務署は年齢層が高ったので、20代の女性というフィルターだけで魅力度はグッと上がってました。

(多分男性も)

 

職員

同じ空間にいるという共通認識(親近感)が非常に大事です。

世界で最も美しいアメリカ人の女性と日本で一番美しい日本人の女性がいたらどちらに惹かれるでしょうか。

私なら間違いなく日本一の日本人女性です。

好みもありますが、同じ日本人として最も美しい人に惹かれる(憧れる)ことが大きな要因です。

 

職場でも同様で、東京で一番キレイなOL会社のビル内で一番キレイなOLどちらに興味がありますか。

もちろん同じビル内のOLの方ですよね。

男性でも同じです。

イケメンは腐るほど(腐らないけど)いますが、同じ職場にイケメンがいたら、画面越しのイケメンよりか惹かれますよね。

近感はそのくらい効力が強いです。

 

同じ部署

税務署は職場結婚が多いのですが、結婚した職員に聞くと同じ部署で働いていた同士のケースが多いです。

もちろん本人同士の魅力もありますが、同じ部署でなかったらここまで惹かれ合うことは無かったのではないでしょうか。

同じ部署は、職員のカテゴリーよりもより狭い分野です。

そこにはライバルが少ないので必然的に引き立つことになります。

 

年齢職員同じ部署どの職場でも使うことができます。

また、他のジャンルにおいても自分なりの3つのフィルターを設置して、自らが通れるカテゴリーで勝負することで自分の価値を一層引き立たせることができるのです!

 ⑶ 究極はその人から見た「あなた」だけ

 

カテゴリーの中で一番にと説明してきましたが、究極的にはあなたしかいない状況を作ることです。

 

元も子もないかもしれませんが、あなたしかない魅力があり、それに惹かれるれた男性(女性)はあなた以外の選択肢は存在しません。

 

3つのフィルターの話はしましたが、フィルターは唯一無二の状況を作るための作戦です。

フィルターを除いてもあなたしかない魅力、(例えば女性だけどめちゃくちゃガンダムオタク)があればそれにそそられる異性は必ずいます。

 

それが難しい場合には3つフィルターを通しましょう!

 

2 魅力的に魅せるのと誇張するのは全く違う

マスク

 ⑴ 誇張はマイナスになることも

相手に魅せるのと誇張似ているようで違っています。

魅せるは、100点の魅力を相手が勝手に120点と評価することです。

誇張は、80点の魅力をこちらが100点のように見せかけることです。

 

最初は誇張でもいいかもしれません。しかし、一番怖いのは誇張から実際へのマイナスのギャップです。

プラスへのギャップは問題ありませんし、むしろ利用したいぐらいです。

ですが、マイナスのギャップは相手の落胆を生み、本来80点ある魅力を60点でしか評価しなくなります。

 

 

 ⑵ 「魅せる」は相手の拡大解釈誘うツール

誇張はマイナスに繋がりますが、「魅せる」のはマイナス評価にはなりません。

 

魅力とはあくまでも他人から見た評価です。

100人の内1人しか魅力的と思われなくても、その一人が最高に評価してくれる可能性があるものです。

 

つまり、『魅せる』は相手があなたを最も魅力的と解釈させる手段です。

 

 ⑶ 他人が見える景色にケチをつけない

魅力は他人から見た評価です。

100人中99人がイケメンと思っても1人はブサイクと思うかもしれません。

それは仕方のない事です。

 

ブサイクと思う人にはそのようにしか映りませんし、全員に評価されるものは存在しません。

 

外見だけではありません。

 

優しい男性はモテるかもしれませんが、人によっては優柔不断として優しさがマイナス評価になる人もいます。

それも仕方がありません。

人の価値観は違いますので。

 

どんなに好きな相手でもこちらの事がどうしても好きになれない人はいます。

その場合はあきらめましょう!

 

好きな人がこの世に1人しか存在しないのならしょうがないですが、世の中には数えられないほどの男女がいます。

今のその時点では好きな人は『その人』しかいなくても、明日には『その人』以上に好きな人が現れる可能性も十分にあります。

 

決してドライな話ではありません。

お互いに幸せになるのであれば、合う人を妥協する必要はありません。

 

 

3 無意識に思わせるのがポイント

考える

 ⑴ 思わせぶりが良い方向へ勘違いを生む

男性は経験はあると思いますが、少し優しくしてくれた女性に対して「もしかしたら俺に好意を持っているのでは」勘違いをしたことはないでしょうか。

 

もちろん私はありますよ、何度も(笑)

 

好きでもない人に近づかれてもアレかもしれませんが、この方法は自分の好きな人を振り向かせるのにも使える方法です。

 

人がグッ最も惹かれている心理状態は「たぶん自分の事を好きだとは思うけどよくわからない」という状態です。

 

嫌いに思われたらダメですが、恋愛においては好きと確信されてのは良くありません

相手が「多分俺に好意を持っているけど本当なのか」心が揺らいでいる感覚あなたについて考えてよく知ろうとしている状態なのです。

 

特に効果的なのが、第三者からの口コミ

「○○さんってあなたの事好きなんじゃないの」と言ってもらう。

聞いた本人は大して意識はしてなくても、第三者からそのように話を聞くとあなたに気を持ちます。

そんな話があったあとすれ違う機会があって、その際に笑顔で会釈なんてしたらどうでしょうか。

「やっぱり俺の事好きなんだよな?」と思うはずです。

あなたが好きでもない人にそれをやってしまうと言い寄られる可能性がありますが、あなた自身が好きな人から言い寄られるのは悪いことではないですよね。

 

最終的にお互いが好きになればWINWINです。それまでの過程には策を練りましょう!

 

 ⑵ 細かいフォローがあなたを『いい人』にする

一生懸命に仕事をしている自覚があるのに「一生懸命仕事してるね」と言われても嬉しさが爆発すことはありません。

誰でもわかっていることを褒められてもそこまで嬉しくはないです。

でも、誰にも気づかないような点を褒められたらどうでしょうか。

 

廊下で目に付いたゴミを拾った少し後に、フロアで部長(上司)から「○○さんて廊下のゴミも拾うなんて気遣いできるね」と言われたらどうでしょう。

 

「部長って、あんな細かいところまで見てくれているんだ」と思いますよね。

 

ポイントはあんなです。

 

実は上司がその場面しか見ていなくても、細かい部分を指摘された(褒められた)ら、褒められた側は常に見てもらっている気になります。

 

褒める回数は1回であっても、褒める場所を変えるだけで相手に与える印象は全く違います。

 

 

おわりに

 

上司として魅力的

部下として魅力的

異性として魅力的

 

対象者は違えど自分が魅力的でならなければ、誰に対しても魅力的には見えません。

 

その人だけに好かれる方法もありますし、恋愛においてはピンポイントに狙った方がより効果がでます。

 

自分自身が「白のワンピースは男は好むだろう」と思い、白のワンピースでデートに行っても、相手はシックな服装が好きなで好印象にはつながらない場合もあります。

 

大切なのは相手がどう思い解釈するか

 

他人の人生を生きる訳ではないので機嫌を伺う必要はありませんが、自分の小さな行為が相手にとっては大きな好意となる場合もある。

それに意識を向ければ、最小で最大の魅力を出すことが出来ます!

 

ご参考になれば幸いです!