合理的な習慣

小さく始めよう!三日坊主にならないための対策と習慣化の方法

瞑想

三日坊主にならない方法は、小さく始めることです。

最初から、習慣化することはできません。

  • ダイエットをやろうとしたけど続かない
  • 運動しようとしたけど続かない
  • 毎朝勉強しようとしたけど続かない

「やるぞ!」との気持ちが続くのは数日程度です。

習慣化するのが難しいのは、ダイエット本の数をみれば、一目瞭然です。

しかし、誰でも習慣化する方法があります。

具体的な方法については、続きをご覧ください。

1:目標が抽象的だと習慣化することは不可能

目標が抽象的だと、習慣化することは不可能です。

大きな目標に向かって、走ることは大事です。

しかし、大きな目標ほど、行動が抽象的になります。

  • 将来食べたことのない美味しい牛肉を食べたい
  • 3年以内に最高級松阪牛を食べる

どちらの方が、具体的な目標でしょうか。

「将来食べたことのない美味しい牛肉を食べたい」が、悪い目標だとは思いません。

ただ、具体的な目標がないと、目標達成するための行動手段がわかりません。

  •  将来とはいつまでか
  •  食べたことがないのは美味しさか・品種か
  •  美味しい基準とは何か

これらの基準があやふやです。

営業職の上司に「今月は売上伸ばすぞ!」と言われたとします。

売上目標が

  • 前月比で伸ばす
  • 前年比で伸ばす
  • 過去最高で伸ばす

どれが基準かで、営業の行動は変わりますよね。

  • 前月比なら、売上を伸ばすイメージできる
  • 前年比なら、去年の売上金額を確認して、当時の行動パターンを真似する
  • 過去最高なら、今までやったことのない営業方法や営業先に売り込む

目標が具体的なら、行動も具体的になります。

具体的な行動に、悩むことはありません。

ただ、実行すればいいだけです。

2:三日坊主の原因は最初から全力を出し切るから

三日坊主の原因は、最初から全力を出し切るからです。

最初から全力出し切って、持続できる人はいません。

何もやってなかった人間が、急に始めて続くわけがありません。

運動をしてなかった人間が、毎日10km走ろうとするのと同じで、無謀です。

最初からできると、思うのが間違いです。

0から1にする作業は一番大変な作業です。

0から10を目指しても失敗します。

行動以前に、習慣化は難しい作業だと認識しましょう。

3:習慣化の一歩はとにかく小さな一歩を踏み出すこと

習慣化の一歩はとにかく小さな一歩を踏み出すことです。

一歩も踏み出す必要もありません。

すり足で、進むぐらいの気持ちで踏み出しましょう。

一歩踏み出す先が1m先であれば、歩いたことのない人は途方もない距離です。

でもすり足であれば、1mm先1㎝先と極々僅かから動くことができます。

1日1㎝進めれば、100日後には1mになります。

大事なのは、毎日続けられるレベルに抑えること。

完全に慣れだしてから、踏み出す距離を伸ばしましょう。

ダイエットのために毎日歩くなら、歩くための服を毎日準備するところから始めてもいいです。

慣れたら、次は毎日服を着替えるだけ

また慣れたら、その次は玄関から一歩外に出る

そして、少しずつ歩き始める。

馬鹿馬鹿しいと、思うかもしれません。

服を用意→着替える→玄関から出る→歩く

今までやっていなかった、4つの行程を1度にこなすのは、大変です。

1つ1つ慣れてから、次の工程に進みましょう。

辛くなったら行程を一つ戻せばいいだけです。

4:習慣化したい項目は1個に限定して始めるのが原則

習慣化したい項目は1個に限定して始めるのが原則です。

2つ以上の作業をすることにマルチタスクという言葉があります。

実はマルチタスクは、シングルタスク(一つの事に集中)よりミスが50%増加する実験結果が出ています。

人間は、複数の事を行うことに不慣れです。

  •  電話で話を聞く
  •  聞いた内容をメモする

両方一緒にやるのは、難しいです。

慣れたら大丈夫かもしれません。

しかし、「電話で話を聞く」と「聞いた内容をメモする」を単独で作業するよりも難易度は高くなります。

習慣化も同じです。

一度に習慣化しようとしても、気持ちが途切れます。

  • 5キロ痩せる
  • ウエスト5㎝補足する
  • お金を100万円貯める

習慣化したいなら、優先順位をつけて、最上位の目標だけに挑戦しましょう。

5:習慣化は腕立て伏せ1回から始めるくらい小さくスタートするべき

習慣化は、腕立て伏せ1回から始めるくらい小さくスタートするべきです。

「今日から毎日10キロ走るぞ!」と宣言して、実際に達成できる人はいません。

誰にでも簡単にできるくらいに、最初な目標を設定しましょう。

  • 大きな行動には、大きな決断が必要になります
  • 大きな決断には、大きな労力が必要になります
  • 大きな労力は、体力が必要です

毎日10㎞走るのには肉体的な負担もありますが、毎回10㎞走らなければいけない行動力が必要です。

普段の生活で、余っている体力は少ないです。

余力がなくなれば、習慣化には繋がりません。

小さな習慣 [ スティーヴン・ガイズ ]

created by Rinker

自分でも笑ってしまうくらいの小さな習慣は、苦になりません。

  • 毎日腕立て伏せ1回
  • 毎日英語1単語
  • 毎日あいさつ1回

無意識にやるようになったら、回数を増やしましょう。

それからでも習慣化は、遅くはありません。

6:日記を残すことで習慣化のモチベーションが維持できる

鉛筆

日記を残すことで、習慣化モチベーションが維持できる

目に見える形で、今日出来たことを記録することが大切です。

  • 三行日記でもいいです。
  • Twitterで「今日1㎞走ったよ」とツイートするのもいいです。
  • グーグルカレンダーに「走った」とメモするだけでもいいです。

実行した実績を、必ず記録していきましょう。

1か月継続したら、1度見返してください。

ぶたちゃん
ぶたちゃん
毎日続けられてる!

その気持ちが、更なる習慣化へと繋がります。

習慣化すると、やらないことが逆に気持ち悪くなります。

寝る前に歯を毎日磨いていれば、磨かないと気になりますよね。

布団に入ってから歯を磨いてないのに気づいても、「歯を磨かなきゃ」って布団から出て歯を磨きます。

その感覚に達するまでは、自分のやる気を継続させるために、今日出来た記録を残しましょう!

 

ご参考になれば幸いです!