成功習慣

三日坊主にならないための対策と習慣化の方法

瞑想

 

  • ダイエットをやろうとしたけど続かない
  • 運動しようとしたけど続かない
  • 毎朝勉強しようとしたけど続かない

「やるぞ!」ってなっても実際に続くのは数日程度。

夏休みの宿題は1日1ページやれば終わる「次の日やろう」の繰り返しだから24時間テレビを見終えた翌日に真っ白な宿題ノートを見て絶望した経験があるかもしれません。

持続させるために書店に行っても習慣化に関する書籍は無数にあり、特にダイエット本なんかは毎年最新作が流行します。

(定着しないのは万人に効果が無かった・続かなかったのどちらかですが)

しかし、誰でも確実に習慣化できる方法があったら知りたくないですか。

少しでも「知りたいなぁ」と感じたら引き続き読んでください!

 

1:目標が抽象的で自分が何をしたいのかが理解できていない

疑問

大きな目標はに向かって走ることは大事です!

でも、大きな目標ほど抽象的になったりします。

 

「将来食べたことのない美味しい牛肉を食べたい」

 

「3年以内に最高級松阪牛を食べる」

 

どちらの方が具体的な目標に見えますか。

「将来食べたことのない美味しい牛肉を食べたい」が悪い目標だとは思いませんが、具体的な目標達成の行動手段がわかりません

  •  将来とはいつまでか
  •  食べたことがないのは美味しさか・品種か
  •  美味しい基準とは何か

 

これらの基準があやふやです。

基準が抽象的だとどう行動したらいいかわかりません。

 

営業職の上司に「今月は売上伸ばすぞ!」と言われても、前年比なのか・前月比なのか・過去最高の売り上げなのか基準がわかりません。

また、なんで売り上げを伸ばす必要があるのかの理由もわからないため、具体的にどう行動したらいいか不鮮明です。

「今月は増税前で駆け込み需要があるから、今期で一番売上伸ばすぞ!」との指示があれば、

  • 増税で翌月以降は売り上げが落ちる
  • 駆け込み需要があるので売り上げは伸びる
  • 今期であれば自分で目安がわかる

など受け手が理解することができます。

 

「3年以内に最高級松阪牛を食べる」の目標であれば、達成するためにどう行動すればいいか具体的イメージが可能です。

  •  松阪牛 → 三重県の牛
  •  最高級 → 旅館・ホテル
  •  期間 → お金と日程の確保

そうすると達成するためには、

  •  三重県まで旅行プラン
  •  松阪牛を食べれる旅館の検索
  •  旅行・食事代の確保
  •  旅行の日程調整(休暇)

 

具体的にどう行動すればいいか明確になると目標達成がしやすくなります。

 

目標達成には誰でも実行可能な行動指針が必要です。

行動指針は考える必要がないくらい簡単でなければいけません。

 

「3年以内に最高級松阪牛を食べる」

旅行費用を3年以内に達成するためにどう行動すればいいか考えます。

旅行費用を10万円とすると1日100円貯金すれば達成可能です。

1日100円

100円×365=36,500円

36,500×3年≒100,000円➡10万円目標達成!

でもこれだけだとまだダメです。

具体的に毎日100円貯める行動まで考えなければいけません。

 

【旅行費10万円達成プラン!】
  1.  ベットの横に箱を用意
  2.  毎日夜に100円玉を入れる
  3.  2日に1回自販機での飲み物は我慢する
  4.  毎日必ずやる

 

これぐらい明確にどう行動をすればいいかはっきりさせれば、言い訳はできません。

目標は明確にしましょう!

 

2:初回に全力でやると絶対に息切れして止めてしまう

三日坊主の原因に最初からハイペースでやり過ぎることがあります。

 

何もやってなかった人間が、急に始めて続くわけがありません。

運動をしてなかった人間が最初から10㎞走れば次の日走れません。

 

ならば、すり足くらい徐々に進めばいいのではないか

 

一歩踏み出す先が1m先であれば、歩いたことのない人は途方もない距離です。

でもすり足であれば、1mm先1㎝先と極々僅かから動くことができます。

1日1㎝進めれば、100日後には1mになります。

その時にふっと後ろを振り返ってください。

 

一歩踏み出してる(*´ω`*)

 

そう実感してから徐々に距離を伸ばしていきましょう。

ダイエットのために毎日歩くなら、

最初は毎日歩く服を用意するだけでいいです。

次は毎日服を着替えるだけ

その次は玄関から一歩外に出る

そして初めて歩きはじめる

 

馬鹿馬鹿しいと思うかもしれません。

でも、服を用意→着替える→玄関から出る→歩く

今までやっていなかった工程を4つ1度にこなすのは大変です。

 

1つ1つ慣れてきてから次のステップに進むことで、一度に行う新たな行動は少なくて済みます。

 

3:習慣化したい項目は1個に限定して始めるのが原則

マルチタスクという言葉がありますが、実はマルチタスクはシングルタスク(一つの事に集中)よりミスが50%増加する実験結果も出ています。

 

人間は複数の事を行うことに不慣れです。

  •  電話で話を聞く
  •  聞いた内容をメモする

 

それぞれならできますが、両方一緒にやるのは難しいですよね。

慣れたら大丈夫ですが、それでも大事な話を聞きながらメモするのには然神経を使いますし、メモにも誤字などの誤りも出ます。

1度にやることも可能ですが、相応の集中力が必要で、毎日高い集中力を保つのは非常に疲れます。

 

また、集中力が必要なことほど習慣かするのは難しいです。

(逆に習慣化は集中しなくてもできる作業です)

  • 5キロ痩せる
  • ウエスト5㎝補足する
  • お金を100万円貯める

 

全部を一度に達成するのは困難です。

どれが一番達成したいかを決めてそれだけに集中しましょう。

 

4:腕立て伏せ1回から始めるくらい小さくスタートすること

コンパクト

 

「今日から毎日10キロ走るぞ!」と宣言して実際に達成できる人はいません。

 

「じゃあ1キロからはじめよう!」

甘いです。

 

「じゃあ500m」

長いです。

 

「じゃあ100m」

そのくらいですかね。

 

「そんなの走ったことにならないよ!」と思うかもしれません。ですが、誰にでも簡単にできるくらいに最初は小さくしましょう。

 

  • 大きな行動には、大きな決断が必要になります
  • 大きな決断には、大きな労力が必要になります
  • 大きな労力は、体力が必要です

 

毎日10㎞走るのには肉体的な負担もありますが、毎回10㎞走らなければいけない行動力が必要です。

普段の日常生活にプラスして使う労力はそんなに残っていません。

だから始めても続かないのです。

 

自転車を乗れるようになるのと同じです。

自転車は最初の漕ぎ始めが一番難しいです。

自転車で100m走れるようになれば、1㎞走ることは簡単です。

 

ダイエットも同じです。

最初は1日100mから始めましょう。

大丈夫です、1㎞歩くよりも毎日100m歩く方が大変です。

毎日100m歩ければ、毎日1㎞歩くのも変わらないです。

1㎞歩ければ毎日1時間歩けるようになります。

とにかく続けるのが第一です。

 

何も考えずに歩けるようになれば、『歩く』決断をしなくて済みます。

それが【習慣化】です。

 

5:日記を残すことでモチベーションが維持できる

鉛筆

日記は大袈裟化もしれませんが、とにかく目に見える形で今日出来たことを記録しましょう。

Twitterで「今日1㎞走ったよ」とツイートするのもいいです。

グーグルカレンダーに「走った」とメモするだけでもいいです。

 

とにかくやったことを記録していきましょう。

1か月したら1度見返してください。

 

「毎日続けられてるんだ!」

その気持ちが更なる継続性へと繋がっていきます。

 

習慣化するとやらないことが逆に気持ち悪くなります

寝る前に歯を毎日磨いていれば、磨かないと気になりますよね。

布団に入ってから歯を磨いてないのに気づいても、「歯を磨かなきゃ」って布団から出て歯を磨きますよね。

 

その感覚に達するまでは、自分のやる気を継続させるために今日出来た記録を残しましょう!

 

終わりに

小さな始まりでもゼロではありません

始めなければゼロです。

積み重ねはやることで始めて効果が出てきます。

 

どんなに薄く重ねても、重ねた分は必ず厚くなります。

厚さを感じられたら、自然と「もっと厚くしようと」重ねようとします。

 

それまでは薄く薄く重ねていきましょう!

 

ご参考になれば幸いです!