成功習慣

【効果あり!】今すぐに習慣化できるようになる方法

 

・ 運動

・ ダイエット

・ 日記

・ Twitterの呟き

 

どれか一つは習慣化しようとして挫折したことはありませんでしょうか?

 

私は全部経験があります!!

Twitterのつぶやき毎日するの本当に大変…

 

習慣化できないのは決して意志力が弱いわけではありません。

 

習慣化するためのやり方が間違っていただけです。

ほんの少し変えるだけで習慣化が進む方法をお教えします!

 

 

 

1 物足りないくらいで止めよう!

stop

 

何かを始める時ってやり始めが一番モチベーション高くないですか?

 

「特に何もやることないからダイエットしよ~なんて人はいないはず。

(多分)

 

「今年こそは絶対に痩せてやる!!!」

こちらの方が大多数ですよね。

 

始める時が一番やる気が高いのでハードルを高くしてしまいます。

「今日は1日一食!」

「1週間がんばったから今日はご褒美♪」

「まっ、明日からやればいいよね!」

「う~ん、なんか面倒くさいな」

「まっ、そこまで太ってないし、今度再開しよっ!」

【完】

 

ほとんどの人はそんなもんです。

 

なので最初を少し工夫しましょう♪

「お菓子をたまには我慢してみようかな」

↓(2か月後)

「意外とできたから、週に1回食べるの辞めてみよ!」

↓(1か月後)

「たまに食べたけど、結構続けられるかも」

↓(更に1か月後)

「もう少しできそうだら、お菓子は週に2回だけ」

↓(更に更に1か月後)

「うん、うん、結構お菓子辞められてる!!」

【成功!】

 

習慣化できない理由の一つに、その日行った行動で満足してしまうことがあります。

 

ご飯をお腹いっぱいまで食べたら、次食べようと思わないですよね?

もし腹五分目しか食べなかったら、「もう少し食べたかったな」なんて気持ちになります。

 

まずはその気持ちを利用しましょう。

 

・ 最初の一歩は本当に小さく!

 

 

2 普段の生活習慣から思い出そう!

考える

 

習慣の作業には特別な意思は必要ありませんし、寧ろ意思が必要な行動はいつまでも習慣化できません。

ですが、それでも習慣化になるまでは意識的に行う必要があります。

 

自分では「やろう!」と思っていても意外と

「今日やるの忘れちゃったな」

って感じでずるずるいってしまいます。

 

問題なのはやること自体を忘れてしまっていることですが、常にそのことばかり考えることもできません。

なので『やること』を思い出す工夫をしてみましょう。

 

毎日のやることに結びつける

 

歯磨きは誰でもしますよね?

でも、「よし、今から歯を磨くぞ!!」なんて意気込む人はいません。

 

習慣化しているからです。

 

そのような毎日行う作業を起点(思い出すポイント)として利用しましょう。

 

例えば、スクワットはいつでもどこでもやることはできます。

でも、いつでもできる行為ほど忘れてしまいがちです。

そこで、歯磨き後にスクワットをやるようにしてください。

 

最初は歯を磨いた後、「あっ、そういえばスクワットやるんだった」って感覚ですが、継続すると「やらないと気持ち悪いな」って感じるようになります。

 

人は思い出す際に、引っ掛かり(トリガー)が多い方が思い出し易くなります。

 

高校時代に聴いていた曲を聴くと、当時の風景や思い出が頭に浮かびませんか?

その経験がありましたら、イメージはそれと同じです。

 

毎日やる作業は有効的なトリガーになるので是非利用しましょう!

 

・ 歯磨きのような、毎日やる作業のついでにやってみよう!

 

 

紙に書いて視覚で認識しよう

 

目標は紙に書いて、壁に貼るのと達成する確率が上がります!

意外と効果が高いんです。

 

目標を壁に貼ると、紙の情報が視界に入ります。

毎日紙の情報を視界に入れると、頭の中で無意識にその情報が組み込まれます。

すると潜在的に認識するようになるからです。

 

これを利用しない手はありません!

 

でも壁に、「1日スクワット10回!!!」貼るのは恥ずかしいかもしれません。

 

恥ずかしい場合にはアラームを活用しましょう!

 

毎日21時にスクワットをしたければ、21時アラームをセットして、アラーム=スクワット意識付けさせます。

アラームが鳴ればその場でスクワットが出来ますので、忘れることはありません。

 

もちろん両方併用でもOKです!

 

・ 頭ではなく視覚や聴覚からやることを思い出そう!

 

3 思い出したらすぐにやろう!

電球

 

考え事してたら、急に友人から話しかけられました。

友人との会話を終えると、

「あれっ、何考えてたっけ?」

 

そんな経験ありませんか?

 

人間は複数の事柄を考えるのが苦手な生き物です。

 

「あっ、スクワットやらなきゃ」

「けど、後でやればいいかな」

「あっ、こんな時間だ。寝なきゃ」

【やるの忘れる】

 

もちろんそれも習慣化の障壁となります。

 

対策としては、思った瞬間にやることです。

 

スクワットなどすぐにできる作業はその場ですぐにやってください。

(※TPOには注意して)

 

その場でできない作業の場合にはスマホのメモ機能アプリを活用してください。

そして、メモ機能アプリのアイコンはスマホのトップ画面の中央に貼り付けます。

 

すると、もし忘れたとしても、

 

スマホを開く

メモ機能アプリが目に入る

やることを思い出す

 

このサイクルが生まれますのでオススメです。

・ 思い出す付箋は色んな場所に貼ろう!

 

おわりに

 

本気で習慣化を行いたいのであれば、この記事を読み終わった瞬間に習慣化したい作業をしてください。

 

日記を書く⇒とりあえずペンを持つ

 

ダイエットをする⇒食べてたお菓子を一旦辞める

 

運動をする⇒その場で一回スクワットをしてみる

 

本当に小さな行動で大丈夫です。

 

でも、行動する・しないの差は歴然です。

 

すぐに行動するクセ(習慣)が身につくと、逆にやらないことが気持ち悪くなったりします。

 

気持ち悪くなれば習慣化が目の前です。

 

習慣かの方法は多種ありますが、今この瞬間に取り組む事が習慣化の最短距離です!

 

 

ご参考になれば幸いです!